賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

盗難防止装置割引

自動車保険の中でも、車両保険では盗難時の補償を受けられるため、盗難防止装置があるとリスクが小さくなり、車両保険で割引を受けられます。盗難防止装置にはイモビライザー、GPS追跡装置、異常通報装置のいずれかで、どの盗難防止装置が割引の対象になるかも、保険会社によって異なります。

盗難されずに長期間の割引を受けられると、盗難防止装置に対する費用が戻ってくるのと同等の効果があります。盗難防止装置を付けるほどであれば、車両保険に加入することが多いので、検討の余地はありそうです。

■イモビライザー割引

特定のキーでなければ、エンジンが始動しない仕組みの高度な盗難防止装備です。キーには電子チップが埋め込まれており、車側とID照合して一致したときだけしか、エンジンが始動しないのが特徴です。そのため、イモビライザーを付けていると、レッカー車で車ごと移動してしまう物理的な盗難以外は、高い確率で盗難を防ぐことができます。

しかし、IDをリセットしてしまう装置を使うか、イモビライザー自体を替えることでエンジン始動はできるため、絶対的な盗難防止効果は得られません。また、過去にはイモビライザー搭載車が実際に盗難されたときの対応にトラブル(保険金支払い拒否)があり、過去には訴訟に発展したケースもありました。

■GPS追跡装置

盗難後に盗難車両の位置をGPSで把握する事で、盗難車の発見を容易にする装置です。保険会社としては、盗難車が発見されることで、盗難に対する補償リスクが減るので保険料の割引を受けられます。

しかし、盗難車は海外に売られていく実情を考えると、見つかっても手の届かないところにある可能性もあります。GPS追跡装置は盗難防止ではなく、盗難後のための装置であることは自覚しておくべきでしょう。

■異常通報装置

車上荒らしも含め、窓ガラスへの衝撃や正常な手順ではないドアの開閉に対し、サイレンを発したり、所有者に通知したりする装置の事です。様々なタイプが販売・搭載されていますが、異常通報装置に対する割引の取り扱いは保険会社で異なります。

同等の装置でも警備会社に通報されるタイプでしか割引の対象にしないなどあるので、詳細は事前に保険会社に確認するべきでしょう。また、異常通報装置(特に警報装置)は誤作動も多く、簡易なタイプには注意が必要です。

 - 割引制度, 自動車保険の保険料

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
人身傷害の搭乗中限定特約

人身傷害補償保険には、契約車両に搭乗中(車内)の傷害を補償するタイプと、車外にお …

no image
インターネット契約割引

通販型(ダイレクト型)に特有の割引制度で、インターネットを利用してWebサイトで …

no image
割引の種類

自動車保険には、実に多くの割引制度があり、保険会社各社に共通の割引もあれば、保険 …

no image
ファミリーバイク特約

家族の中には、自動車を運転しなくても、原付バイク(125cc以下の小型バイク)に …

no image
入院時諸費用特約

自動車事故の自分への損害は、事故を起こしてみなければ未知数で、そのために人身傷害 …

no image
他車運転特約

名称については、他車運転危険補償特約と呼ばれる場合もあり、契約車両の被保険者が、 …

4d4c3523cdccc549d3c499abf163d4a0_s
保険料と使用目的

自動車保険の保険料を決める要素の1つに、契約車両の使用目的があります。おそらくほ …

aed143b3be125e9353e6a2498de49d71_s
事故有係数と適用期間

2012年10月1日から導入された、新しい等級制度として、事故の有無によって割引 …

bddd7a55648a207beabd2d756422f503_s
1等級ダウン事故の導入

等級の上下と事故には密接な関係があり、基本的な等級の動きは、事故が無ければ上がり …

658f620dc26982d288484e7023f23057_s
保険料と記名被保険者

自動車保険の補償の中心となり、保険料算出の基礎になるのが、記名被保険者と呼ばれる …