賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

対物賠償責任保険

対物賠償責任保険は、事故で他人の財産に損害を与えた場合の、賠償責任に備えるための保険です。対人賠償責任保険と同様に、任意保険への加入では必須の保険になっていますが、対物賠償責任保険は必ずしも無制限の設定になっているわけではありません。

物損事故に対する補償は、自賠責保険ではカバーされないので、対物賠償責任保険の存在はとても重要です。対物賠償責任額は、事故によって失われた利益(逸失利益)も含まれるため、場合によっては億単位になることもあり得るので、軽視しないようにしましょう。

対物賠償責任保険の補償額

対物賠償責任保険の補償額は、保険料を安くしたい理由で、1,000万円から5,000万円程度までを設定することが多いようです。対人賠償責任保険と異なり、無制限にしてもそこまで賠償責任が発生しないと考えているからですが、5,000万円以上の設定になると、無制限と比べてそれほど保険料に差がないので、あえて金額を設定する意味も薄れます。

過去の判例には、2億円を超える損害額が認定された例もあり、積荷が高級な場合でした。物損といっても、道路上の構造物、家屋や店舗から商品まで幅広いので、保険料が許すなら無制限で加入しておくべきでしょう。

対物賠償責任保険の適用条件

対物賠償責任保険が適用されるのは、他人の所有物を事故によって破損させた場合です。運転者やその家族が所有・使用・管理している財物に被害を与えても、対物賠償責任保険では補償されません。

また、車同士の事故では、対物賠償責任保険で相手方の車を修理する費用を支払うとはいえ、相手にも過失があれば過失割合に応じた支払いです。ところが、他の構造物に損害を与えた場合は、ほぼ確実に自分の過失なので、高額な損害額を支払うことになります。実際に破損させた構造物の価値よりも、修復・修繕のために発生する費用や、得られるはずだった利益の損失に対しての賠償額の方が大きいのが物損事故の特徴です。

なお、対物賠償責任保険に付随する特約として、対物超過(修理)特約というものがあります。この特約は、相手方の車の修理費が、その車の時価額を超える場合に補償される特約で、時価額が修理費を超えるとすれば、年式が古くても相手が修理して乗り続けたいと言ってきた場合になるでしょう。このような場合は、対物賠償責任保険で相手方の車の時価額が補償され、超過分が特約(一定額までの場合あり)によって補償されます。

 - 任意保険の保険内容, 任意保険を選ぶ基準

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
車両保険

車両保険は、任意保険の中で自分の車に対しての損害を補償するための保険です。任意保 …

no image
時には見直しも必要

「一度入ったらあとは自動更新でおまかせ」、「手続きが面倒だから放置」など、自動車 …

no image
見積り・申込・乗り換え時の必要書類

自動車保険は、代理店の担当者と対面で契約する方法(代理店型)と、インターネットや …

no image
型式別(車両)料率クラスとは

自動車保険の保険料は、様々な要素から決定されますが、中でも車両そのものが保有する …

no image
保険加入時にチェックすること

自動車保険は、加入しても次の年に見直しできますが、だからといって勧められるままに …

no image
一括見積りを利用する

自動車保険というのは、同じような補償内容でも、保険会社で大きく価格差があるのを知 …

no image
搭乗者傷害保険

人身傷害補償保険と似たような保険に、搭乗者傷害保険という保険があります。搭乗者に …

no image
車両を入れ替える場合

自動車保険が車両で契約するのは言うまでも無いですが、いつか自動車は壊れますし、自 …

no image
ドライバー保険

ドライバー保険は、自分の車を持たない人が加入する保険で、いわゆる自動車保険とは違 …

no image
通販型のメリットとデメリット

自動車保険には、ダイレクト型とも呼ばれる通販型が人気で、ランキング上位はほとんど …