賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

保険料と年間走行距離

自動車保険が自由化されてから、リスク細分型の保険商品が多くなりましたが、細分化されるリスクの1つに、年間走行距離という項目があります。年間走行距離は、法律でも規定されているリスクの1つで、年間走行距離が大きいほど、長距離を走っている=自動車事故のリスクが高いというのはわかりやすいでしょう。

年間走行距離は申告制

保険料は年間走行距離が長いほど高くなりますから、保険の契約時に申告しなくてはなりません。ところが、実際に保険に加入してから、どのくらいのか未知数であるため、年間走行距離の申告は次のどちらかになります。

・予定している走行距離を申告する
・前年度の走行距離を申告する

どちらの場合でも、実際に走行する距離は制限されず、申告の走行距離より長くても短くても問題はありません。ただし、申告より大幅に長く走行した場合は、本来支払うべき保険料よりも安くなっているので、保険会社に連絡が必要になります。

オーバーしても差額で精算

年間走行距離がオーバーした場合、それだけで保険の支払いを拒否されることは無く、保険期間中に申告して、追加の支払いをするか、もしオーバーしている状態で事故を起こしても、差額を支払うことで保険金は支払われるのが通常の対応です。

また、自動車保険には契約車両の使用目的があり、主な使用目的が変わっていないのに、年間走行距離が大きく変わることもそれほどないでしょう。例えば、通勤・通学を使用目的として、年間5,000km程度の走行距離が、同じ通勤・通学で利用しているのに、その何倍も走っているのは考えにくいため、事後申告で処理しているのです。

このように、年間走行距離は契約者の信用に基づいており、走行距離の累計を保険会社が調べるようなこともありません。しかし、嘘をついて保険料を安くしていても、事故を起こしたときに、悪質だと判断されるほど実際の走行距離が異なると、保険会社の判断で厳しい対応をされる可能性もありますし、前年度の走行距離を申告するタイプなら、必ずばれるのでやめましょう。

 - 保険料の知識, 自動車保険の保険料

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
身の回り品特約

乗用自動車というのは、一般家庭における運搬車も兼ねているので、車内には様々な物品 …

no image
安全装置に対する割引

車の安全に関わる様々な装置は、事故のリスクを抑えるだけではなく、事故が起こっても …

4d4c3523cdccc549d3c499abf163d4a0_s
保険料と使用目的

自動車保険の保険料を決める要素の1つに、契約車両の使用目的があります。おそらくほ …

no image
全損時諸費用特約

全損時諸費用特約というのは、車両保険に付けられる特約で、自分の車両が全損状態のと …

no image
使用条件や補償範囲に対する割引

自動車保険は、自動車を使用することによる事故リスクを補償する保険です。そのため、 …

658f620dc26982d288484e7023f23057_s
保険料と記名被保険者

自動車保険の補償の中心となり、保険料算出の基礎になるのが、記名被保険者と呼ばれる …

2f3bdb5845be8cc6611e96568edd7534_s
消費税と保険料

1989年に3%から始まった消費税。5%、8%と上がり、10%になっても上げ続け …

d9c096da65848d18aeeae1243e24eb09_s
家族への等級の引き継ぎ

等級は家族間でも引き継ぐことができ、引き継ぎのことを譲渡と呼ぶこともあります。引 …

b09d1aadc5dfd69999ecc90e97e44ab1_s
保険料の算出方法

現在の自動車保険は、リスク細分型と呼ばれる、加入者のリスクを次のような要因に細分 …

no image
盗難防止装置割引

自動車保険の中でも、車両保険では盗難時の補償を受けられるため、盗難防止装置がある …