賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

逸失利益と就労可能年数

人身事故での逸失利益を計算するには、被害者が死傷していなかったして、どのくらいの期間において就労が可能であったか算出しなくてはなりません。逸失利益が、就労可能年数に応じたライプニッツ係数から求められる以上、就労可能年数の算出は必要不可欠で、事故時の年齢によって一定の基準で決められます。

■基本的な就労可能年数の算出基準

1.就労の始期を18歳とする

2.就労の終期を67歳とする

3.事故時の年齢から67歳までの期間を就労可能年数とする

18歳未満で未就労者なら、就労の始期が18歳なので、67歳-18歳=49年間が就労可能年数です。18歳以上なら、67歳-事故時の年齢=就労可能年数になります。

■例外的な就労可能年数の算出基準

大学生など、18歳を超えても未就労者であることは当然あるので、大学卒業の22歳を就労の始期にすることがあります。また、高齢者の場合には、67歳から事故時の年齢を減じて算出してしまうと、全ての年齢に対応できません。そのため、高齢者では67歳-事故時の年齢と、平均余命の2分の1を比べた大きい方の期間を就労可能期間とします。

例えば、60歳の平均余命は23.14歳(平成25年)で、2分の1は11.57歳(切り上げて12歳)です。一方で、67歳-60歳は7歳で平均余命の2分の1よりも小さいため、平均余命を使って就労可能期間が算出されます。67歳より高い年齢では、67歳から引いた値がマイナスなので、確実に平均余命を使った方が大きくなり、67歳より低い年齢でも、67歳に近ければ平均余命を使った方が大きくなります。

自賠責保険においては境界を54歳とし、54歳未満では67歳から年齢を減じた期間、54歳以上では平均余命の2分の1を就労可能期間としています。以前までは55歳を境界にしていましたが、平均余命が年々変わることで変更されました。

 - 交通事故への対応, 人身事故と損害賠償

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
後遺障害等級の認定

後遺障害は個別の事例で症状が異なり、一定の基準で判断するべきではありません。しか …

no image
傷害事故の消極損害

傷害事故による消極損害は、傷害によって労働機会や労働能力が失われ、収入を得られな …

no image
車対車の過失相殺

車対車の自動車事故では、一方的にどちらかだけが悪いということは少なく、両方に過失 …

no image
逸失利益とライプニッツ係数

逸失利益の算出では、ライプニッツ係数という独特の数値を使います。ライプニッツ係数 …

no image
傷害事故の損害賠償内訳

人身事故によって傷害を受けると、加害者に損倍賠償請求することが可能です。損害賠償 …

no image
物損事故と人身事故の違い

物損事故(警察では物件事故)は物に対して、人身事故は人に対してという簡単な違いは …

no image
交通事故の被害者がすべきこと

交通事故の被害者になるか加害者になるかは、事故後にどちらの過失が多いかによって決 …

no image
症状固定のタイミング

症状固定とは、それ以上の治療によって、回復の見込みが無い状況を意味します。したが …

no image
警察が行う実況見分

人身事故でも物損事故でも、警察は現場に来て(車両同士の軽微な事故なら当事者が出向 …

no image
物損事故の消極損害

物損事故の消極損害は、財物に対する損害で被害者が得られるはずだった利益(逸失利益 …