賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

症状固定のタイミング

症状固定とは、それ以上の治療によって、回復の見込みが無い状況を意味します。したがって、被害者と医師が相談の上で、治療効果が無いと認められる時期を症状固定とするのが正しいのですが、現実にはそうはいきません。

治療費を負担しなければならない加害者の任意保険会社にとっては、できるだけ早い段階で症状固定し、支払いを抑えたいのが本当のところです。ですから、症状固定のタイミングには2種類あります。

■保険会社のタイミング

保険会社は、ある程度の治療期間が経過すると、治療費を打ち切る目的で、症状固定を打診してきます。後遺障害等級は、基本的に6ヶ月間の継続治療が1つの目安で、6ヶ月よりも前に症状固定して認定申請しても、認定してもらえない=逸失利益の賠償が発生しない可能性が高いことから、保険会社はそこを突いてくるのです。

しかし、治療費の打ち切りがあったとしても症状固定は強制ではなく、後遺障害等級の認定が見込めるなら自費で通院して、6ヶ月を過ぎてから症状固定し、後遺障害等級の認定を受けて再請求すれば良いのです。元より、保険会社からいくら言われても、医師と被害者が治療効果を期待して治療を続けるなら、そのまま治療を続けることに制限はありません。

■医師と被害者によるタイミング

最低でも6ヶ月の治療後、医師と相談して症状固定の時期を決めることになります。医師とは十分に話し合い、医学的な見解を聞いた上で判断するべきでしょう。長期間治療を続けてきた中で、医師とコミュニケーションを取り、自覚症状について共通認識を持っておくことが大切です。

後遺障害等級の認定を受けたいという理由で、存在しない後遺障害についての診断書や異常所見に協力することはありません。そのため、症状固定時までの治療経緯、検査結果や画像から、後遺障害が認められる、もしくは疑うに足りる状況であるか確認しておくと良いかもしれません。

 - 交通事故への対応, 後遺障害と損害賠償

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
傷害事故の積極損害

傷害事故での負傷により、被害者が受けた損害のうち、治療費等で実際に掛かった費用を …

no image
交通事故証明書の交付

任意保険でも自賠責保険でも、保険金請求で必要になるのが、自動車安全運転センターが …

no image
交通事故と民事責任

交通事故の当事者は、自分の過失割合に応じて生じる、損害賠償責任を互いに負わなくて …

no image
物損事故の加害者がすべきこと

物損事故の場合は、人身事故と決定的に違う点があり、民法上の損害賠償責任が問われま …

no image
交通事故と刑事処分

自動車の運転によって人を死傷させると、自動車運転死傷行為処罰法によって、刑事上の …

no image
後遺障害等級認定までの流れ

後遺障害等級の認定には、事前認定と被害者請求の2つありますが、どちらの方法でも大 …

no image
後遺障害では労働能力喪失がある

人身事故によって傷害を受けると、被害者は治療によって回復に努め、治療に要する費用 …

no image
警察が行う実況見分

人身事故でも物損事故でも、警察は現場に来て(車両同士の軽微な事故なら当事者が出向 …

no image
物損事故の消極損害

物損事故の消極損害は、財物に対する損害で被害者が得られるはずだった利益(逸失利益 …

no image
後遺障害等級認定の異議申立て

人身事故で後遺症が残って、後遺障害等級の認定をしても、必ず等級認定がされるとは限 …