賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

後遺障害と症状固定

治療による回復は万能ではなく、どのようにしても事故以前の状態まで回復できないことは往々にして起こります。例えば、手足に重い傷害を受け切断されてしまった、もしくは医師の判断で切断が必要とされた場合、義手や義足では、元通りに機能しないのは容易に想像できるでしょう。

しかしながら、手足を失っても体調としては回復し、後遺障害は別として日常生活ができる程度になれば、それ以上の治療によっても回復が見込まれないことになります。この時点を症状固定と呼び、症状固定時に残っている障害は後遺障害としてみなされます。

■症状固定は医師の判断が必要

治療によって回復が見込めない症状は、被害者自らが判断するのではなく、医師の判断を必要とします。なぜなら、医学的な見地からの判断でなければ、専門的かつ客観的にならないからです。

症状固定は、必ずしもそれ以上悪くならないという意味ではありません。症状が悪化したり回復したりと波があっても、全体として改善に向かわない状態を症状固定とします。加害者にしても被害者にしても、今以上に良くなるのではないかと考えますが、どこまて回復したら症状固定に該当するのか、素人が推察することは困難です。

そこで、医師の判断を尊重し、被害者に症状の改善に見込みが無いことを伝えて同意が得られると、その時点を症状固定時と決めます。症状固定の正確な時点は、医師であってもわかるはずはないですから、患者の心身状況とその後の治療スケジュールなども考慮されます。

■症状固定が賠償の区切り

傷害事故では治療中の損害が補償されますが、症状固定になると、回復のための治療が終わっているので、症状固定時までが治療に対する賠償期間となります。症状固定によって後遺障害が認定されると、それ以降は治療ではなく、後遺障害によって生じた賠償責任の補償へと移ります。

したがって、症状固定時まで補償された治療等の積極損害と、消極損害である休業損害に対する補償は終了し、逸失利益に対する賠償に代わることになります。ただし、後遺障害によって将来も出費が避けられない介護費用等については、積極損害として認められます。

症状固定までの損害賠償と、症状固定以降の損害賠償は、算出方法が異なるため、症状固定をいつにするのかは、加害者にとっても被害者にとっても大きな問題です。ところが、保険会社が保険金支払いの都合で補償打ち切りを宣告し、医師も被害者も止むなく症状固定としている場合もあるので、真の意味での症状固定と一致しているわけではないのが実状です。

 - 交通事故への対応, 後遺障害と損害賠償

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
傷害事故の消極損害

傷害事故による消極損害は、傷害によって労働機会や労働能力が失われ、収入を得られな …

no image
逸失利益とライプニッツ係数

逸失利益の算出では、ライプニッツ係数という独特の数値を使います。ライプニッツ係数 …

no image
加害者が死亡しているとき

死亡事故では被害者だけではなく、加害者が死亡することもあり、双方の死亡とどちらか …

no image
実況見分調書と供述調書

交通事故の記録は実況見分調書として残され、実況見分調書を見れば、事故までの経緯を …

no image
レンタカーでの交通事故

日本全国を自分の車で旅行するのは難しいので、現地でレンタカーを借りることもあるで …

no image
物損事故の消極損害

物損事故の消極損害は、財物に対する損害で被害者が得られるはずだった利益(逸失利益 …

no image
物損事故の積極損害

物損事故の賠償は、「元通りに直す」という原状回復を基本としますが、物損事故で生じ …

no image
傷害事故の積極損害

傷害事故での負傷により、被害者が受けた損害のうち、治療費等で実際に掛かった費用を …

no image
車対車の過失相殺

車対車の自動車事故では、一方的にどちらかだけが悪いということは少なく、両方に過失 …

no image
他人の車での交通事故

自分も含めた家族が、他人の車で交通事故を起こした場合、他人の車の自動車保険を使う …