賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

傷害事故の損害賠償内訳

人身事故によって傷害を受けると、加害者に損倍賠償請求することが可能です。損害賠償は傷害の治療・回復のために使われる費用、休業損害、慰謝料に分かれ、それぞれについて算出基準も存在します。

治療費等 入通院での治療費や交通費など実費で補償
休業損害 被害者の収入を基礎として治療日数に応じて算出
慰謝料 治療日数に応じて算出

 

また、傷害には完治または事故前と同等に回復する傷害と、後遺症を残す後遺障害(ただし等級認定された場合)があります。後遺障害の場合には、治療によって症状に回復が見込めなくなる、症状固定時までを傷害による損倍賠償の対象とし、症状固定以降は傷害ではなく後遺障害に対する賠償に切り替わります。

・回復する傷害の場合:基本的に治療終了まで賠償

・後遺障害の場合:症状固定までの賠償+後遺障害での賠償

■治療費等は被害者が立て替え

人身事故の被害者心理としては、治療開始から終了まで全ての費用を加害者に支払ってもらいたいでしょう。しかし、損害額が確定するまで保険金を受け取れないので、一般には被害者が治療費等を立て替えます。もちろん、必ず被害者が立て替えると決まっているわけではなく、事故後に加害者から見舞金等の名目で支払われ、治療費に充てることもできますので、ケースによって違います。

治療費を後から請求するためには、必ず領収書を求められますので、忘れずに保管しておきましょう。これは、加害者でも被害者でも同じで、保険金または賠償金を受け取るために必要です。なお、自賠責保険には、5万円~40万円と金額は少ないながらも、被害者請求による仮渡金の制度があり、被害者の立て替えによる負担を軽減できます。

 - 交通事故への対応, 傷害事故と損害賠償

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
人身事故の加害者がすべきこと

交通事故は加害者にも被害者にも不幸でしかありませんが、どんなに気を付けていても、 …

no image
交通事故と行政処分

交通事故が、交通違反を同時に起こしていることは非常に多く、刑罰(刑事上の責任)、 …

no image
逸失利益と就労可能年数

人身事故での逸失利益を計算するには、被害者が死傷していなかったして、どのくらいの …

no image
後遺障害等級認定までの流れ

後遺障害等級の認定には、事前認定と被害者請求の2つありますが、どちらの方法でも大 …

no image
傷害事故の消極損害

傷害事故による消極損害は、傷害によって労働機会や労働能力が失われ、収入を得られな …

no image
物損事故の加害者がすべきこと

物損事故の場合は、人身事故と決定的に違う点があり、民法上の損害賠償責任が問われま …

no image
加害者が死亡しているとき

死亡事故では被害者だけではなく、加害者が死亡することもあり、双方の死亡とどちらか …

no image
後遺障害等級認定の異議申立て

人身事故で後遺症が残って、後遺障害等級の認定をしても、必ず等級認定がされるとは限 …

no image
レンタカーでの交通事故

日本全国を自分の車で旅行するのは難しいので、現地でレンタカーを借りることもあるで …

no image
交通事故と民事責任

交通事故の当事者は、自分の過失割合に応じて生じる、損害賠償責任を互いに負わなくて …