賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

死亡事故の慰謝料の基準

人身事故で被害者が亡くなった場合、被害者はもちろんのこと、被害者の遺族にも大きな悲しみを与えてしまいます。ですから、加害者は被害者とその遺族に対して、慰謝料として損害賠償責任を負います。

ここで、亡くなった被害者本人に対して、慰謝料を支払うことに疑問を感じる人がいるかもしれません。特に、即死であれば精神的苦痛を与えていたかどうかも不明で、遺族に対する慰謝料だけで良いと考えるでしょうか。

もっとも、慰謝料の本質は精神的苦痛に対する賠償なので、既に亡くなった人の心情を量り知ることはできませんし、その立証も不可能です。しかしながら、死亡事故によって被害者に重大な損害を与えた事実は確かで、ケースによらず被害者本人への慰謝料は発生します。

被害者本人への慰謝料は、本人請求ができず、遺族が相続したとして遺族から請求されます。同時に遺族に対する慰謝料も発生することから、被害者本人+遺族の慰謝料として請求されることになります。

■自賠責保険の慰謝料

自賠責保険では、被害者本人に対する慰謝料を350万円に固定、遺族への慰謝料は次のようになっています。

・慰謝料請求権者が1人なら550万円

・慰謝料請求権者が2人なら650万円

・慰謝料請求権者が3人以上なら750万円

・被扶養者がいれば200万円加算

慰謝料請求権者とは、慰謝料を請求できる人のことで、父母(養父母)、配偶者、子(養子、認知した子、胎児を含む)までが原則的な範囲です。

■任意保険の慰謝料

保険が自由化されてから、任意保険の保険会社各社は、慰謝料を含め賠償の基準を独自に定めており、公開もされていません。しかし、自賠責保険の慰謝料と裁判基準の慰謝料との中間程度が多く、被害者が一家の支柱で1,500万円程度を目安に、家庭における重要度が下がれば、それだけ慰謝料も減額されていきます。

また、場合によっては自賠責保険の基準を持ち出して、可能な限り保険金の支払いを抑えようとするケースもあるでしょう。任意保険は自賠責保険で支払いきれない賠償責任を補償するので、自賠責保険の限度額を超える額が少なくなるようにしたいからです。いずれにしても任意保険での慰謝料は、営利目的の保険会社が決めるだけに、大きな額は期待できません。

■裁判基準の慰謝料

弁護士会が基準としている死亡事故の慰謝料は最も高額で、請求者の依頼に応じて代理人となる弁護士ならではの慰謝料です。

・被害者が一家の支柱なら2,800万円

・被害者が一家の支柱に準ずるなら2,400万円

・その他の場合は2,000万円~2,200万円

示談または裁判でこうした慰謝料が認められると、慰謝料だけで数百万円から1千万円ほどの差が付くことになります。ただし、この慰謝料は被害者本人と遺族分が合算されており、慰謝料は遺族で分割されます。弁護士費用が一部でも積極損害として認められれば、負担は軽くなるので、慰謝料に納得できないときは弁護士への依頼も考えてみましょう。

 - 交通事故への対応, 死亡事故と損害賠償

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
逸失利益とライプニッツ係数

逸失利益の算出では、ライプニッツ係数という独特の数値を使います。ライプニッツ係数 …

no image
他人の車での交通事故

自分も含めた家族が、他人の車で交通事故を起こした場合、他人の車の自動車保険を使う …

no image
財産的損害と精神的損害

死傷が発生している人身事故においては、様々な損害賠償が発生し、加害者は過失割合に …

no image
交通事故と行政処分

交通事故が、交通違反を同時に起こしていることは非常に多く、刑罰(刑事上の責任)、 …

no image
死亡事故では葬儀費が認められる

死亡事故特有の損害賠償として、被害者の葬儀費が損害賠償に含められる点があります。 …

no image
傷害事故の積極損害

傷害事故での負傷により、被害者が受けた損害のうち、治療費等で実際に掛かった費用を …

no image
傷害事故の損害賠償内訳

人身事故によって傷害を受けると、加害者に損倍賠償請求することが可能です。損害賠償 …

no image
物損事故の消極損害

物損事故の消極損害は、財物に対する損害で被害者が得られるはずだった利益(逸失利益 …

no image
症状固定のタイミング

症状固定とは、それ以上の治療によって、回復の見込みが無い状況を意味します。したが …

no image
休業損害と事故時の職業

休業損害は、事故時に働いている(家事の従事を含む)ことが前提となって発生します。 …