賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

死亡までの損害賠償

事故当時は存命でも、事故後での傷害が致命傷となって、亡くなってしまう例は少なくありません。その場合、死亡までを傷害に対する賠償とし、死亡によって死亡に応じた賠償が発生します。

もっとも、持病が悪化した場合など、事故後に死亡すればどんな事例でも認められるわけではなく、事故との因果関係がなければ当然に認められません。

■賠償内容は傷害時と同じ

結果的に亡くなったとしても、医療機関に搬送されて、治療や施術を受ける点は同じですし、治療によって受け取るべき収入が途絶えたなら、休業損害も発生します。また、慰謝料については、死亡しなくても発生するので、死亡までの期間についても同じように発生します。

・治療関係費(治療費、処置費、投薬料など)

・入通院関係費(入院料、雑費など)

・看護関係費(付添看護費、交通費など)

・装具や器具の購入費

・証明書等の文書料

・その他相当とされる実費

・休業損害

・慰謝料

考え方としては、事故で傷害を受け、結果が完治または症状固定(後遺障害)になるか、亡くなるかという違いだとも言えます。亡くなった場合は、休業損害ではなく逸失利益の賠償になり、慰謝料についても亡くなったことで算出し直されます。

■即死なら積極損害のみ

事故での被害が大きく、被害者が即死または即死に近い状態で搬送され、当日または翌日に亡くなるケースでは、積極損害とされる治療費等の実費のみが対象です。消極損害としての休業損害や、精神的損害としての慰謝料については期間が短く、発生しているとして損害賠償請求しても、死亡によって別途発生する慰謝料での調整が容易でしょう。

 - 交通事故への対応, 死亡事故と損害賠償

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
後遺障害では労働能力喪失がある

人身事故によって傷害を受けると、被害者は治療によって回復に努め、治療に要する費用 …

no image
交通事故と行政処分

交通事故が、交通違反を同時に起こしていることは非常に多く、刑罰(刑事上の責任)、 …

no image
傷害事故の慰謝料

慰謝料は精神的苦痛に対する賠償という性質ですが、どのくらいの傷害ならどのくらいの …

no image
休業損害の考え方

人身事故での傷害の程度が重く、入院などで働けなくなった期間は、休業損害として損害 …

no image
人身事故の加害者がすべきこと

交通事故は加害者にも被害者にも不幸でしかありませんが、どんなに気を付けていても、 …

no image
死亡事故の慰謝料の基準

人身事故で被害者が亡くなった場合、被害者はもちろんのこと、被害者の遺族にも大きな …

no image
被害者本人の慰謝料と遺族の慰謝料

死亡事故が起きると、被害者本人の慰謝料と遺族の慰謝料という2つの慰謝料が発生しま …

no image
後遺障害等級認定までの流れ

後遺障害等級の認定には、事前認定と被害者請求の2つありますが、どちらの方法でも大 …

no image
症状固定のタイミング

症状固定とは、それ以上の治療によって、回復の見込みが無い状況を意味します。したが …

no image
警察が行う実況見分

人身事故でも物損事故でも、警察は現場に来て(車両同士の軽微な事故なら当事者が出向 …