賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

車両新価特約

せっかく新車を購入して自動車保険に加入したのに、ぶつけてしまい大きな損害を受けたとします。車両保険に加入していれば、車両保険で直すこともできますが、事故車は事故車ですし、新車に戻したいということもあるでしょう。

そのようなときに役立つのが車両新価特約で、修理せずに新車を購入すると、その費用を保険会社が負担してくれるという特約です。

■車両新価特約の仕組み

車両新価特約は、その性質からどのような車両に対しても適用できるものではなく、比較的新しい車(保険契約時に初度登録から11ヶ月以内など保険会社で異なる)が対象です。そして、車両新価特約を付けるときは、保険会社と新車価格相当額を、市場の販売価格を基に設定します。

車両に損害があった場合、修理費が事前に取り決めた新車価格相当額の50%を超える場合、修理をせずに新車の取得費用を保険会社に支払ってもらえます。もちろん、全損なら50%を超えるので、同じく新車を取得できます。

また、新車の取得費用に含めることができるのは、車両本体価格、付属品、消費税までで、税金や自賠責保険料、購入時の諸費用は含みません。そのため、再取得時諸費用保険金として、一定額(もしくは一定率)の費用を車両新価特約に含めている保険会社もあります。

■車両新価特約の条件

車両新価特約は、損害が大きいときに新車を買いかえる選択肢を持てますが、それだけに条件が設けられており、自由に補償を受けられる特約ではありません。

・盗難による損害では補償を受けられない

車両保険には損害も含まれますが、車両新価特約は盗難を対象外にしています。

・車両の構造部に損害を受けている

外装や内装部分ではなく、構造上で重要な部分に対して損害を受けていなければ、保険金の支払いが認められません。例えば、フレームやサスペンション、エンジン等が該当します。

・初度登録から一定期間に制限されている

新車または新車に近い状態の車両に付けられる特約なので、車検証の初度登録年月から一定期間内であることを求められます。保険会社によって異なりますが、保険始期日が初度登録年月から11ヶ月以内、初度登録の翌月から25ヶ月以内、満期日が初度登録の翌月から37ヶ月以内などです。

 - いろいろな特約, 自動車保険の保険料

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

edba01925f3675962388cccf6284d9af_s
保険料の支払方法

自動車保険の保険料は、年額で3万円程度~10万円程度と幅広いですが、いずれにして …

2ffd7b1f3cb63a52f9418ba6bf6ad65a_s
保険会社間での等級の引き継ぎ

車を購入してから、ずっと同じ自動車保険に加入している人は意外と多く、そのほとんど …

4d4c3523cdccc549d3c499abf163d4a0_s
保険料と使用目的

自動車保険の保険料を決める要素の1つに、契約車両の使用目的があります。おそらくほ …

no image
弁護士費用特約

その名の通り、弁護士費用を補償してくれる特約なのですが、弁護士が必要になる場合と …

no image
安全装置に対する割引

車の安全に関わる様々な装置は、事故のリスクを抑えるだけではなく、事故が起こっても …

no image
セカンドカー割引

2台目以降の自動車保険において、場合によって利用できるのがセカンドカー割引です。 …

36ea5b4f27f0f558c46734e6aaa229ad_s
保険料の相場

自動車保険の保険料には、相場というものがありません。なぜ相場が無いかというと、保 …

no image
入院時諸費用特約

自動車事故の自分への損害は、事故を起こしてみなければ未知数で、そのために人身傷害 …

no image
車両の特殊性に対する割引

自家用の乗用車ではあっても、割引の対象になる場合があり、それはエコカー、福祉車両 …

no image
対物超過修理費用特約

対物超過修理費用特約は、対物賠償責任保険の対象の中でも、相手の車両への損害に対す …