賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

車両保険

車両保険は、任意保険の中で自分の車に対しての損害を補償するための保険です。任意保険の数多くある保険では、傷害に対する補償や、他人の財物に対する補償は手厚くされていますが、自分の車に対する補償は車両保険でしか受けられません。

相手のある自動車事故では、相手方の対物賠償責任保険によって、自分の車の損害を補償してもらえますが、それは相手に過失がある場合に限ります。ましてや、自損事故においては、車両保険が無いと自己負担で直すしかなく、修理費用が高くなると負担できない状況もあり得るでしょう。

車両保険の補償額は車両の価値

車両保険の補償額は、契約車両の時価程度を上限とし、その範囲内でしか自分では決められません。そうしないと、価値の無い車に高額な保険を掛け、保険料をだまし取ることができてしまうからです。

当たり前ですが、車の価値というのは、新車時が最も高く年数や走行距離が増えるにつれて、価値が下がっていきます。しかし、修理費用というのは、車が古くなったからといって、安くなるというものではありません。ここが車両保険のポイントで、いつかは修理費用が車の価値を上回る時期が来ます。

それでも、車両保険に入ることは全く無駄にはならず、修理費の方が高くなっても、車両保険の保険金額までは補償されます。ただし、等級がダウンすることにより、車両保険での補償額よりも、その後の保険料の上昇分を累積した額の方が高くなる事があるため、一概に車両保険が有効に働くとは限りません。

車両保険の適用条件

車両が損害を受ける原因には、自動車事故だけではなく様々なものがあります。例えば、自然災害、いたずら、あて逃げ、落下物などで、こうした損害は予見できる内容ではなく、車両保険の適用範囲に含まれます。

対して、故意に損害を与えた場合や、運転者の重大な過失を原因とした損害は、車両保険の適用範囲に含まれません。重大な過失には、飲酒、薬物、無免許運転を含みます。他にも、欠陥や故障が原因なら補償されませんし、自然災害の中でも、地震・噴火・津波による損害は補償されず、どうしても補償したければ特約を付ける必要があります。

結局のところ、車両保険で補償されるのは、偶発的に起こった損害という事になりますが、車両保険には契約方法に2種類あり、契約方法によって補償範囲が変わります。

・一般補償
・限定補償(エコノミー+限定A)

限定補償の別称で、エコノミー+限定Aの「A」とはアクシデント(Accident)を意味し、車対車以外の一部の危険に該当します。厳密には、エコノミーだけ、限定Aだけという保険も成り立ちますが、実際には一般補償か限定補償(エコノミー+限定A)として用意されているので、2種類を知っておけば十分でしょう。

車両保険の補償対象

一般補償 限定補償
車対車(相手が確認できる場合に限る)
台風・洪水・高潮
火災・爆発
盗難
落書き・いたずらによる破損
物の落下・飛来
あて逃げ ×
他の車の影響を受けた事故(相手が不明) ×
転落・転覆 ×
自動車以外への衝突・接触 ×
地震・噴火・津波(特約がない場合) × ×


全損と分損とは

自動車に損害があったとき、その程度によって全損と分損という区別がされます。全損と分損では、車両保険の補償内容が変わってくるので、しっかり把握しておきましょう。

全損というのは、大破して修理が不可能な場合(つまり廃車しかない状態)や、修理は可能でも、修理費用が車両保険の保険金額を上回る状態を言います。全損時は、免責金額に関係なく契約した保険金額が全額支払われます。また、諸費用に対する特約があるときは、別途保険金額の10%(20万円を限度が多い)を支払う保険もあります。

分損とは全損以外の状態で、保険金額で修理できる状態を言い、損害額に対し、免責金額を差し引いた残りが補償されます。

全損と分損にはこのような違いがありますが、いずれの場合でも、損害を受けた車を引き取ったり、仮修理したりといった諸費用を別枠で支払う保険もあり、どこまでが補償範囲になるか、契約している車両保険を確認してみましょう。

車両保険の免責とは

免責というのは比較的一般に使われる言葉で、責任を免れるという意味があります。車両保険における責任とは、保険会社が車両の損害に対して補償する責任なので、免責=自己負担、免責額=自己負担額という意味です。よって、どんなに修理費用が高くなっても、免責額までしか負担しなくて済みます。

車両保険には、修理1回ごとの免責額の設定があり、免責額が多いほど保険料は安くなります。免責額は0円、5万円または10万円の設定が多く、1回目と2回目で異なる免責額を設定できる保険もあります。

【免責額の例】
・何回でも0円
・何回でも5万円
・1回目は0円、2回目は10万円
・1回目は5万円、2回目は10万円

免責額以内の修理で車両保険を使う意味はありませんが、免責額を僅かに超えるような修理でも、車両保険を使うと等級が下がるため、自己負担で済ませた方がお得になります。したがって、基本的に大きな修理のときだけ車両保険を使うと考えましょう。

 - 任意保険の保険内容, 任意保険を選ぶ基準

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
自損事故保険

自損事故とは、相手のいない単独事故や相手に全く過失が無い事故のことを言い、自損事 …

no image
保険加入時にチェックすること

自動車保険は、加入しても次の年に見直しできますが、だからといって勧められるままに …

no image
ロードサービス

自動車事故では、車が動かなくなったときに、車を移動しなければ交通の障害になり、レ …

d079500ae71f011c6896f35ed5047c5c_s
保険金請求に必要な書類

保険金請求には、請求の根拠となる書類を集め、保険会社に提出しなければなりません。 …

no image
型式別(車両)料率クラスとは

自動車保険の保険料は、様々な要素から決定されますが、中でも車両そのものが保有する …

no image
等級制度の改定とは

自動車保険には、ノンフリート等級別料率制度(通称で等級制度)と呼ばれる、段階的な …

no image
無保険車傷害保険

自動車に乗る多くの人は、任意保険に加入していますが、1割強の人は自賠責保険だけで …

no image
一括見積りを利用する

自動車保険というのは、同じような補償内容でも、保険会社で大きく価格差があるのを知 …

no image
自動車保険をどう選ぶか

自動車保険というのは、車を買ったときに入るもので、以降はずっと意識せず同じ保険に …

674b27ad5dfb3ace45ac6ba4ec529f17_s
キャンピングカーには要注意

キャンピングカーの自動車保険では、通販型(ダイレクト型)で加入しづらいという状況 …