賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

セカンドカー割引

2台目以降の自動車保険において、場合によって利用できるのがセカンドカー割引です。セカンドカー割引は、一般に2台目に限らず、2台目以降の契約に適用されることから、セカンドカーが馴染まないとして「複数所有新規割引」と扱われていることもあります。

現代の家庭における車の所有台数は1台とは限らず、夫婦で別々の車、子供とは別々の車という状況は、ごく当たり前にあるでしょう。新規契約は6等級から始まるので、保険料負担が大きく、少しでも負担を減らすためにセカンドカー割引は有効です。

■セカンドカー割引の内容

セカンドカー割引は、一定の金額や割引率を受けられるという割引ではなく、新規契約時の等級が6等級から1つ上がって7等級でスタートする割引です。新規契約時の6等級は、6等級(S)という扱いで、継続時の6等級と割引率が異なります。したがって、セカンドカー割引で上がる7等級も7等級(S)になります。

・6等級(S)と7等級(S)の割引率

年齢条件 全年齢補償 21歳以上補償 26歳以上補償 30歳以上補償 35歳以上補償
6等級(S) 28%割増 3%割増 9%割引 9%割引 9%割引
7等級(S) 11%割増 11%割引 40%割引 40%割引 40%割引
割引率差 17% 14% 31% 31% 31%

 

6等級(S)と7等級(S)では、14%~31%の違いがあり、セカンドカー割引の存在が大きいことが良くわかります。

■セカンドカー割引の条件

セカンドカー割引が適用できる条件は、それほど厳しいものではなく、多くのケースで適用できるはずです。

・契約に対する条件

セカンドカー割引の契約車両に前契約がなく(つまり新規契約)、個人契約であること。

・等級に対する条件

他の自動車保険の等級が11等級以上であること。11等級以上であれば、セカンドカー割引を受ける保険会社と同一である必要はありません。

・記名被保険者に対する条件

セカンドカー割引の記名被保険者は、他の自動車保険の記名被保険者、記名被保険者の配偶者、記名被保険者またはその配偶者と同居の親族のいずれかであること。

・車両所有者に対する条件

セカンドカー割引の車両所有者は、他の自動車保険の車両所有者、記名被保険者、記名被保険者の配偶者、記名被保険者またはその配偶者と同居の親族のいずれかであること。

・自動車に対する条件

自家用乗用車(普通・小型・軽四輪)、自家用貨物車(小型・軽四輪)、自家用普通貨物車(最大積載量2トン以下)、特種用途自動車(キャンピング車)のいずれかであること。

 - 割引制度, 自動車保険の保険料

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
ノンフリート多数契約割引

ノンフリートとは、1台から9台までの契約台数のことで、個人のほとんどの保険契約者 …

36ea5b4f27f0f558c46734e6aaa229ad_s
保険料の相場

自動車保険の保険料には、相場というものがありません。なぜ相場が無いかというと、保 …

no image
他車運転特約

名称については、他車運転危険補償特約と呼ばれる場合もあり、契約車両の被保険者が、 …

no image
車両の特殊性に対する割引

自家用の乗用車ではあっても、割引の対象になる場合があり、それはエコカー、福祉車両 …

no image
安全装置に対する割引

車の安全に関わる様々な装置は、事故のリスクを抑えるだけではなく、事故が起こっても …

no image
ファミリーバイク特約

家族の中には、自動車を運転しなくても、原付バイク(125cc以下の小型バイク)に …

no image
盗難防止装置割引

自動車保険の中でも、車両保険では盗難時の補償を受けられるため、盗難防止装置がある …

no image
インターネット契約割引

通販型(ダイレクト型)に特有の割引制度で、インターネットを利用してWebサイトで …

f2d3f1c1ef765233783cf5f69872c13c_s
保険料と年間走行距離

自動車保険が自由化されてから、リスク細分型の保険商品が多くなりましたが、細分化さ …

2bdc3f03ac1ced79cb95fb9530a366ec_s
等級制度の仕組み

自動車保険の等級制度は、事故を起こさない人には保険料を安く、事故を起こす人には保 …