賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

セカンドカー割引

2台目以降の自動車保険において、場合によって利用できるのがセカンドカー割引です。セカンドカー割引は、一般に2台目に限らず、2台目以降の契約に適用されることから、セカンドカーが馴染まないとして「複数所有新規割引」と扱われていることもあります。

現代の家庭における車の所有台数は1台とは限らず、夫婦で別々の車、子供とは別々の車という状況は、ごく当たり前にあるでしょう。新規契約は6等級から始まるので、保険料負担が大きく、少しでも負担を減らすためにセカンドカー割引は有効です。

■セカンドカー割引の内容

セカンドカー割引は、一定の金額や割引率を受けられるという割引ではなく、新規契約時の等級が6等級から1つ上がって7等級でスタートする割引です。新規契約時の6等級は、6等級(S)という扱いで、継続時の6等級と割引率が異なります。したがって、セカンドカー割引で上がる7等級も7等級(S)になります。

・6等級(S)と7等級(S)の割引率

年齢条件 全年齢補償 21歳以上補償 26歳以上補償 30歳以上補償 35歳以上補償
6等級(S) 28%割増 3%割増 9%割引 9%割引 9%割引
7等級(S) 11%割増 11%割引 40%割引 40%割引 40%割引
割引率差 17% 14% 31% 31% 31%

 

6等級(S)と7等級(S)では、14%~31%の違いがあり、セカンドカー割引の存在が大きいことが良くわかります。

■セカンドカー割引の条件

セカンドカー割引が適用できる条件は、それほど厳しいものではなく、多くのケースで適用できるはずです。

・契約に対する条件

セカンドカー割引の契約車両に前契約がなく(つまり新規契約)、個人契約であること。

・等級に対する条件

他の自動車保険の等級が11等級以上であること。11等級以上であれば、セカンドカー割引を受ける保険会社と同一である必要はありません。

・記名被保険者に対する条件

セカンドカー割引の記名被保険者は、他の自動車保険の記名被保険者、記名被保険者の配偶者、記名被保険者またはその配偶者と同居の親族のいずれかであること。

・車両所有者に対する条件

セカンドカー割引の車両所有者は、他の自動車保険の車両所有者、記名被保険者、記名被保険者の配偶者、記名被保険者またはその配偶者と同居の親族のいずれかであること。

・自動車に対する条件

自家用乗用車(普通・小型・軽四輪)、自家用貨物車(小型・軽四輪)、自家用普通貨物車(最大積載量2トン以下)、特種用途自動車(キャンピング車)のいずれかであること。

 - 割引制度, 自動車保険の保険料

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
人身傷害の搭乗中限定特約

人身傷害補償保険には、契約車両に搭乗中(車内)の傷害を補償するタイプと、車外にお …

no image
盗難防止装置割引

自動車保険の中でも、車両保険では盗難時の補償を受けられるため、盗難防止装置がある …

no image
ファミリーバイク特約

家族の中には、自動車を運転しなくても、原付バイク(125cc以下の小型バイク)に …

edba01925f3675962388cccf6284d9af_s
保険料の支払方法

自動車保険の保険料は、年額で3万円程度~10万円程度と幅広いですが、いずれにして …

no image
保険証券なし割引

通販型(ダイレクト型)の自動車保険で多くみられ、保険証券を発行せずに郵送してもら …

580b3720f5770b5ecb7ea999b8435be5_s
保険料の変動

自動車保険の保険料は、契約内容を変更したとき、等級が上下したとき、型式別料率クラ …

aed143b3be125e9353e6a2498de49d71_s
事故有係数と適用期間

2012年10月1日から導入された、新しい等級制度として、事故の有無によって割引 …

658f620dc26982d288484e7023f23057_s
保険料と記名被保険者

自動車保険の補償の中心となり、保険料算出の基礎になるのが、記名被保険者と呼ばれる …

no image
割引の種類

自動車保険には、実に多くの割引制度があり、保険会社各社に共通の割引もあれば、保険 …

no image
安全装置に対する割引

車の安全に関わる様々な装置は、事故のリスクを抑えるだけではなく、事故が起こっても …