賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

後遺障害等級認定までの流れ

後遺障害等級の認定には、事前認定と被害者請求の2つありますが、どちらの方法でも大まかな流れは変わらず、認定のための書類を保険会社が準備するか、自分で準備するかという違いです。保険会社に任せる事前認定は、手続きが簡便なだけではなく、疑いようもない明確な後遺障害なら、事前認定でも結果は変わらないでしょう。

ただし、わかりにくい症状で後遺障害を認定してもらうには、症状を立証するための資料を自分で揃える被害者請求の方が、可能性は高いと言えます。症状に合わせてどちらかを選ぶことになります。

■治療開始から症状固定まで

症状固定時には、医師に後遺障害診断書を書いてもらうことを考えると、治療中の段階から後遺障害等級の認定を意識しておくべきです。医療機関で行われる様々な検査は、必ず医療記録として残され、治療の経緯を示す証拠になります。

一方で、病院に該当しない(医師ではない)整骨院などでの治療は、後遺障害診断書に結びつかず、病院で治療を受けるほどの状態ではなかったと判断される恐れがあります。通うとしても、後遺障害等級が認定されてからにしましょう。

■症状固定と後遺障害診断書

治療による改善の見込みが無くなったら、医師と相談して症状固定とし、後遺障害診断書を書いてもらいます。体の一部が物理的に欠損したり、重篤な損傷が明らかな場合を除き、治療開始から6ヶ月を経過していないと、後遺障害等級が認定されにくいので、6ヶ月は入通院を続けます。

後遺障害診断書には、症状固定の日時、入通院の期間、事故前からの既存障害、現在の自覚症状、後遺障害の内容、当該障害に対する見通しなどが書かれます。いちいち患者に確認しながら書いてくれることは少なく、症状固定までの診察で、きちんと自覚症状を伝えていることが大切です。

後遺障害診断書の書き方は医師によって異なりますが、医師としての客観的な所見に基づくため、患者側で書いて欲しい内容を請求するものではありません。そのため、事前に自覚症状を伝え、作成された後遺障害診断書に不足があれば、書き加えてもらうように依頼するか、回答書に回答をもらう形で文書として残します。

■認定に必要な書類の準備

事前認定の場合には、基本的に後遺障害診断書があれば、後は保険会社の方で医療機関に資料請求してくれます。被害者請求の場合には、次のような書類を用意しなくてはなりません。

・自動車損害賠償責任保険支払請求書兼支払指図書

・後遺障害診断書

・交通事故証明書

・事故発生状況報告書

・診断書と診療報酬明細書

・印鑑登録証明書

・レントゲン、CT、MRIなどの画像

■保険会社に認定申請

事前認定なら、任意保険会社に後遺障害診断書を(または独自の申請書を記載して)送ることで、被害者請求の場合には、必要書類を加害者の自賠責保険会社に送ることで、認定申請をします。書類は損害保険料率算出機構に送られて、認定のための審査が行われます。

後遺障害の認定は、事例によって全く難易度が異なるため、損害保険料率算出機構の調査事務所で判断できなければ、上部機関の地区本部や本部に回されます。また、特に専門性の高い認定は、審査会(専門部会)によって審査されることもあります。

その他にも、事前認定では経由する任意保険会社の担当者が忙しく、書類の準備が遅れるなどの理由で、時間が掛かる傾向があります。総じて、1ヶ月から3ヶ月程度で結果が出るとされていますが、一様ではないと思いましょう。

 - 交通事故への対応, 後遺障害と損害賠償

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
交通事故と3つの法的責任

交通事故を起こすと、次の3つの法的責任を問われ、それぞれは処分もしくは賠償するこ …

no image
被害者本人の慰謝料と遺族の慰謝料

死亡事故が起きると、被害者本人の慰謝料と遺族の慰謝料という2つの慰謝料が発生しま …

no image
車対車の過失相殺

車対車の自動車事故では、一方的にどちらかだけが悪いということは少なく、両方に過失 …

no image
交通事故と民事責任

交通事故の当事者は、自分の過失割合に応じて生じる、損害賠償責任を互いに負わなくて …

no image
人身事故の加害者がすべきこと

交通事故は加害者にも被害者にも不幸でしかありませんが、どんなに気を付けていても、 …

no image
逸失利益と労働能力喪失率

労働能力喪失率とは、後遺障害で逸失利益を算出するときに使われる数値で、人身事故が …

no image
警察が行う実況見分

人身事故でも物損事故でも、警察は現場に来て(車両同士の軽微な事故なら当事者が出向 …

no image
財産的損害と精神的損害

死傷が発生している人身事故においては、様々な損害賠償が発生し、加害者は過失割合に …

no image
警察へ届け出ずに示談した場合

軽微な物損事故では、お互いが警察に届け出るまでもないと考え、その場で示談して終わ …

no image
特定違反行為の基礎点数

  違反の種類 基礎点数 運転殺人等 62 運転傷害等(治療期間3ヶ月 …