賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

インターネット契約割引

通販型(ダイレクト型)に特有の割引制度で、インターネットを利用してWebサイトで申し込みを完了させたときだけの割引です。通販型でも電話窓口で申し込みした場合は適用されないので、問い合わせは電話でしても、契約はインターネット上で済ませるのがポイントです。

また、契約条件や前契約の事故歴などが理由で、インターネット契約が受け付けられない場合があり、そうなるとインターネット契約割引は受けられません。

■大手保険会社のインターネット契約割引

インターネット契約割引は、保険会社で割引金額が違い、人気の理由にもなっています。特に差があるのは継続契約時の割引で、同じ保険会社に長期間継続するつもりなら、継続契約のインターネット割引を重視するべきでしょう。

保険会社 新規契約 継続契約 備考
ソニー損保 8,000円 2,000円 前契約もインターネット契約(新規)で継続契約もインターネット契約なら5,000円割引
三井ダイレクト 最大10,560円 最大3,120円 年間保険料によって、一括払いの場合は新規契約4,000円~10,000円割引、継続契約3,000円割引、分割払いの場合は4,200円~10,560円割引、継続契約3,120円割引
アクサダイレクト 最大10,000円 1,000円 新規契約では年間保険料によって、2,500円~10,000円割引、一括払いと分割払いでは適用範囲が異なり、一括払いを優遇
セゾン自動車火災 10,000円 最大10,000円 分割払いでは9,960円
イーデザイン損保 10,000円 10,000円
チューリッヒ保険 最大12,000円 1,500円 年間保険料によって2,500円~12,000円割引
SBI損保 5,500円 5,500円

 

■インターネット契約割引をうまく使う

インターネット契約割引は、新規契約の方が継続契約よりも多く割り引かれます。理屈上では、毎年違う保険会社にインターネットで申し込んで、大きな新規契約割引を受けることで保険料を節約できます。等級も引き継げるので、不利を受けることもありません。

ただし、継続割引(インターネットでの継続契約に対する割引ではなく、単に2年目以降の契約に対する割引)がある場合は、継続契約時のインターネット契約割引、継続割引、他の保険会社の新規契約時のインターネット契約割引を比べる工夫が必要です。継続割引は一定率なので、年間保険料によっても結果は違ってくるでしょう。

こうした方法での顧客離れを防ぐため、継続契約時のインターネット契約割引を、新規契約時と同じ金額にしている保険会社もあり、保険会社の競争が激化している様相を伺えます。インターネット契約割引は改定されることもあるので、自動車保険の見直し時にはチェックするべき割引です。

 - 割引制度, 自動車保険の保険料

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
割引の種類

自動車保険には、実に多くの割引制度があり、保険会社各社に共通の割引もあれば、保険 …

no image
身の回り品特約

乗用自動車というのは、一般家庭における運搬車も兼ねているので、車内には様々な物品 …

no image
安全装置に対する割引

車の安全に関わる様々な装置は、事故のリスクを抑えるだけではなく、事故が起こっても …

no image
ノンフリート多数契約割引

ノンフリートとは、1台から9台までの契約台数のことで、個人のほとんどの保険契約者 …

no image
他車運転特約

名称については、他車運転危険補償特約と呼ばれる場合もあり、契約車両の被保険者が、 …

4d4c3523cdccc549d3c499abf163d4a0_s
保険料と使用目的

自動車保険の保険料を決める要素の1つに、契約車両の使用目的があります。おそらくほ …

no image
車両の特殊性に対する割引

自家用の乗用車ではあっても、割引の対象になる場合があり、それはエコカー、福祉車両 …

no image
ファミリーバイク特約

家族の中には、自動車を運転しなくても、原付バイク(125cc以下の小型バイク)に …

2bdc3f03ac1ced79cb95fb9530a366ec_s
等級制度の仕組み

自動車保険の等級制度は、事故を起こさない人には保険料を安く、事故を起こす人には保 …

edba01925f3675962388cccf6284d9af_s
保険料の支払方法

自動車保険の保険料は、年額で3万円程度~10万円程度と幅広いですが、いずれにして …