賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

任意保険の見積り例

モデルケースを定めて、どのくらいの保険にすれば、どのくらいの保険料になるかイメージしてみます。保険会社によって異なりますが、今回は「おとなの自動車保険(セゾン自動車火災保険)」で見積りをしてみました。

モデルケース

年齢 45歳
免許証 ブルー免許
利用目的 日常、レジャー
年間走行距離 5,000km~10,000km以下
運転者 本人、配偶者、同居の子供(22歳)
ノンフリート等級 15等級
事故有係数適用期間 0年
車種 トヨタプリウス、NWH20(3ナンバー)
初度登録年月 平成22年7月
使用地 東京都


この条件をWebサイト上で入力し、見積られる補償内容と保険料は次の通りです。

対人・対物賠償 無制限 45,960円
無保険車傷害 無制限
自損事故傷害 3,000万円
他社運転特約 あり
インターネット割引 ▲10,000円
人身傷害 車内・車外、3,000万円 2,150円
車両保険 100万円、免責5万円(毎回)、車同士 12,060円
ロードアシスタンス特約 あり 1,940円
弁護士費用特約 300万円 980円
一括払い保険料 53,090円


合計額は53,090円になりました。一括払いの金額なので、分割払いにしてみると、4,690円(年額56,280円)です。インターネット割引も大きいですし、この時点でも、代理店を通した保険に比べると随分安いのかもしれませんが、条件を変えるともう少し安くすることができます。

補償内容等 見直し前 見直し後 削減額
人身傷害 車内・車外、3,000万円 車内、3,000万円 ▲840円
車両保険 100万円、免責5万円(毎回)、車同士 80万円、免責1回目5万円、2回目以降10万円、車同士 ▲830円
保険証券送付 あり なし ▲600円
弁護士費用特約 あり なし ▲980円


少しの見直しで3,000円以上削減できています。補償額を見直すのが嫌であれば、同居の子供に運転させず、運転者を本人と配偶者にするだけで、見直し前と同じ補償額でも9,000円近く削減できます。ちなみに、ゴールド免許だけでも約3,000円割引されます。

インターネットでの見積りは、これらの条件を変更する際に、画面上でクリックしたり、条件の選択を選んだりする程度の操作で非常に簡単です。しかし、保険会社内で条件を変えるときは便利でも、他の保険会社と比べられないので不便です。他の保険会社と比べたいときは、一括見積りサービスを利用するようにしましょう。

 - 任意保険はこうして選ぶ, 任意保険を選ぶ基準

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
等級制度の改定とは

自動車保険には、ノンフリート等級別料率制度(通称で等級制度)と呼ばれる、段階的な …

no image
一括見積りを利用する

自動車保険というのは、同じような補償内容でも、保険会社で大きく価格差があるのを知 …

no image
車両を入れ替える場合

自動車保険が車両で契約するのは言うまでも無いですが、いつか自動車は壊れますし、自 …

no image
搭乗者傷害保険

人身傷害補償保険と似たような保険に、搭乗者傷害保険という保険があります。搭乗者に …

no image
リスク細分型とは

保険が自由化されてから、リスク細分型と呼ばれる保険が自動車保険で取り入れられまし …

no image
保険証券を紛失したら

車検証と違って、保険証券は郵送で送られてくるのが普通なので、自宅に保管しているこ …

no image
保険加入時にチェックすること

自動車保険は、加入しても次の年に見直しできますが、だからといって勧められるままに …

no image
型式別(車両)料率クラスとは

自動車保険の保険料は、様々な要素から決定されますが、中でも車両そのものが保有する …

no image
自動車保険をどう選ぶか

自動車保険というのは、車を買ったときに入るもので、以降はずっと意識せず同じ保険に …

no image
ロードサービス

自動車事故では、車が動かなくなったときに、車を移動しなければ交通の障害になり、レ …