賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

身の回り品特約

乗用自動車というのは、一般家庭における運搬車も兼ねているので、車内には様々な物品を載せて走ることが非常に多くあります。ところが、車内に物品を載せたまま事故や盗難に遭ってしまうと、物品に対して保険を掛けていなければ、まず補償を受ける手立てがありません。

身の回り品特約は、こうした事態に備えるための特約で、物品に掛ける保険と違うのは、車に載せていることを要件としているため、適用範囲が広いというメリットがあることです。何を載せるかはその時々で違うため、利用しやすい特約になるでしょう。保険会社によっては、車両積載物動産特約、携行品損害補償特約という名称も使われています。

■身の回り品特約の対象

身の回り品特約の「身の回り品」とは、抽象的な表現であることから、保険会社によって扱いが全く異なるのが特徴でもあります。そもそも何を身の回り品と呼ぶかは、個人によって異なるので、保険会社で異なるのもある意味当然かもしれません。

身の回り品の対象は規定されていませんが、身の回り品に該当しない物品については、各保険会社で約款に記載されています。約款が改定されれば変わりますので、確実に知るには保険会社に直接確認しましょう。

どの保険会社でも約款に記載されている物
・通貨、有価証券、印紙、切手等

・貴金属、宝玉、宝石および書画、骨とう、彫刻物等

・稿本、設計書、図案、証書、帳簿、免許状等

・動物、植物等の生物

保険会社によっては約款に記載されている物
・自転車、ハンググライダー、パラグライダー、サーフボード、ウィンドサーフィン等

・携帯電話、PHS、ノート型PC、ワープロ、携帯端末情報端末等の携帯電子機器

・テープ、カード、ディスク等の記録媒体に記録されているプログラムやデータ

・義歯、義眼、義肢、コンタクトレンズ、眼鏡、補聴器、心臓ペースメーカー等

・松葉杖、車椅子等

・ラジコン模型と付属品

・キャリアに固定されて積載されている物

 

恐らく、身の回り品で比較的多く車内外に載せる(もしくは車内外に残して車を離れる)としたら、ゴルフバッグ、スキー・スノーボード、携帯電話・スマートフォン、携帯音楽プレイヤー、携帯ゲーム機、携帯情報端末(ノートPC、タブレット)、デジタルカメラ、デジタルビデオカメラといったところでしょうか。

これらの扱いについても、各社で異なるので、やはり保険会社に確認するのが無難です。特に電子データを含む情報機器は、データに意味があるので物品として新品では代えがたいですが、それでも高価なので補償があるかどうかは重要になります。

 - いろいろな特約, 自動車保険の保険料

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
継続割引と早期契約割引

企業競争はどの業界にもあり、自動車保険会社でも自社の顧客の契約を継続させようとし …

2f3bdb5845be8cc6611e96568edd7534_s
消費税と保険料

1989年に3%から始まった消費税。5%、8%と上がり、10%になっても上げ続け …

no image
人身傷害の搭乗中限定特約

人身傷害補償保険には、契約車両に搭乗中(車内)の傷害を補償するタイプと、車外にお …

no image
盗難防止装置割引

自動車保険の中でも、車両保険では盗難時の補償を受けられるため、盗難防止装置がある …

f2d3f1c1ef765233783cf5f69872c13c_s
保険料と年間走行距離

自動車保険が自由化されてから、リスク細分型の保険商品が多くなりましたが、細分化さ …

no image
他車運転特約

名称については、他車運転危険補償特約と呼ばれる場合もあり、契約車両の被保険者が、 …

36ea5b4f27f0f558c46734e6aaa229ad_s
保険料の相場

自動車保険の保険料には、相場というものがありません。なぜ相場が無いかというと、保 …

no image
割引の種類

自動車保険には、実に多くの割引制度があり、保険会社各社に共通の割引もあれば、保険 …

no image
人に対する割引

人に対する割引の「人」とは記名被保険者の事で、自動車保険は記名被保険者を中心に補 …

no image
セカンドカー割引

2台目以降の自動車保険において、場合によって利用できるのがセカンドカー割引です。 …