賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

交通事故と民事責任

交通事故の当事者は、自分の過失割合に応じて生じる、損害賠償責任を互いに負わなくてはなりません。刑事処分、行政処分とは別に、民事責任は発生し、過失があれば被害者でも損害賠償責任は発生します。

損害賠償は、人身事故であれば自賠責保険と任意保険、物損事故であれば任意保険から支払われますので、損害が保険の補償限度額以内なら、加害者でも被害者でも自己負担はありません。また、互いに自分が負うべき損害賠償責任を全て賠償するのは経済的ではなく、互いの過失分を相殺して、相殺しきれなかった分を賠償するのが通常です。

■民法の不法行為責任

損害賠償責任は、他人の権利または法律上保護される利益に対し、故意または過失で侵害した場合の賠償責任を規定した、民法第709条を根拠にしています。損害賠償責任が発生すれば、被害者は損害賠償を請求できます。

一般には不法行為責任と呼ばれ、不法に相手の身体や財産へ損害を与える行為として捉えられ、与えた損害は賠償しなさいという解釈です。不法行為責任は交通事故に限らず、同じように他人へ損害を与える行為によって生じ、交通事故はその例の1つです。

不法行為責任には、故意または過失という条件が付くため、故意の場合の賠償責任は説明するまでもないですが、過失がなければ賠償責任も発生せず、被害者は損害賠償を請求できないことになります。また、加害者の過失は、損害賠償請求する被害者が立証しなくてはなりません。

■当事者以外の民事責任

交通事故で発生した損害賠償責任は、場合によって当事者(運転者)以外が負うこともあります。その1つは、自動車損害賠償保障法における運行供用者責任で、自分で運転していなくても、自分が運行を管理する車で起きた事故には、損害賠償責任が発生します。

運行供用者責任は、例えば会社が保有する営業車で従業員が事故を起こした場合、車両の所有者である会社に発生します。たとえ会社の営業車ではなくても、マイカーを営業利用させている会社では、従業員が営業用途でマイカーを運行中に起こした事故なら、同様に発生します。

個人の貸し借りによる場合でも、一般には運行供用者責任は発生すると解されており、人に車を貸すときは、運行供用者責任を意識する必要があります。第三者に盗難された場合は、基本的に運行供用者責任は問えませんが、容易に盗難できる状況など、管理上の過失が認められれば、盗難された場合でも運行供用者責任を問われる可能性があります。

もう1つは、事故の加害者を監督している者と、使用している者が負う責任です。

加害者を監督している者が負う場合は、加害者に責任能力が無い場合に限られます。具体的には、未成年や精神上の障害で、不法行為への責任を判断できない場合です。使用している者とは、加害者を雇用している者が該当しますので、事業者ということになるでしょう。もっとも、営業上の事故でなければ、使用者責任は問われません。

■損害賠償は金銭賠償

加害者が損害賠償するとき、賠償の方法は限られており、例えば怪我の場合には治療費を負担しますし、物が壊れたのなら、修理や購入または価値に相当する金銭で支払います。どのような場合でも、加害者の負担は金銭になるのが普通で、加害者が治療することはないですし、加害者が壊れた物を修理することもないでしょう。

また、死亡事故においては、失われた人命は取り戻せないので、損害賠償は金銭でしか成り立ちません。人命を対価で求めるのは心情的に納得できませんが、他の方法では賠償の方法がなく、やはり金銭による賠償が行われます。ましてや慰謝料など、個人の精神的苦痛を賠償する性質ですから、尺度があるわけでもなく、請求も賠償も金額に根拠がないのです。

このように、金銭賠償である損害賠償は、必ずしも適切な金額が用いられるとは限らず、適切であるかどうかの判断すら付かない場合があります。それでも、何らかの基準を用いて判断しなければ、いつまでも賠償が終わらないので、自賠責保険の基準、任意保険の基準、裁判上の基準などから、賠償額が決められます。

 - 交通事故と法的責任, 交通事故への対応

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
財産的損害と精神的損害

死傷が発生している人身事故においては、様々な損害賠償が発生し、加害者は過失割合に …

no image
逸失利益の計算方法

逸失利益を求めるための要素は次の4つで、そのうち生活費相当額の控除は死亡事故のと …

no image
警察へ届け出ずに示談した場合

軽微な物損事故では、お互いが警察に届け出るまでもないと考え、その場で示談して終わ …

no image
人身事故の加害者がすべきこと

交通事故は加害者にも被害者にも不幸でしかありませんが、どんなに気を付けていても、 …

no image
症状固定のタイミング

症状固定とは、それ以上の治療によって、回復の見込みが無い状況を意味します。したが …

no image
休業損害の考え方

人身事故での傷害の程度が重く、入院などで働けなくなった期間は、休業損害として損害 …

no image
傷害事故の損害賠償内訳

人身事故によって傷害を受けると、加害者に損倍賠償請求することが可能です。損害賠償 …

no image
レンタカーでの交通事故

日本全国を自分の車で旅行するのは難しいので、現地でレンタカーを借りることもあるで …

no image
傷害事故の積極損害

傷害事故での負傷により、被害者が受けた損害のうち、治療費等で実際に掛かった費用を …

no image
他人の車での交通事故

自分も含めた家族が、他人の車で交通事故を起こした場合、他人の車の自動車保険を使う …