賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

後遺障害の慰謝料

後遺障害の慰謝料は、症状固定前までの傷害に対する慰謝料と、症状固定後に発生する後遺障害に対する慰謝料に分かれます。症状固定前は傷害と同じ扱いで、入通院の日数に応じた支払い、症状固定後は後遺障害等級に応じた固定額の支払いです。ここでは、症状固定後の慰謝料について説明します。

症状固定後の慰謝料には、算出基準に自賠責保険基準、任意保険基準、裁判基準(弁護士会基準)の3つがあり、自賠責保険基準よりも裁判基準の方が高くなります。任意保険基準については各保険会社で定めているため特定できず、一般には自賠責保険基準と裁判基準の中間とされています。

■自賠責保険基準の慰謝料

・介護を要する後遺障害

障害等級 慰謝料 その他加算
第1級 1,600万円 初期費用として500万円、扶養者がいれば200万円
第2級 1,163万円 初期費用として205万円、扶養者がいれば170万円

 

・後遺障害

障害等級 慰謝料 その他加算
第1級 1,100万円 扶養者がいれば200万円
第2級 958万円 扶養者がいれば170万円
第3級 829万円 扶養者がいれば144万円
第4級 712万円
第5級 599万円
第6級 498万円
第7級 409万円
第8級 324万円
第9級 245万円
第10級 187万円
第11級 135万円
第12級 93万円
第13級 57万円
第14級 32万円

 

■裁判基準の慰謝料

自賠責と異なり、実際には事案によって前後しますので、あくまでも参考金額としての慰謝料です。また、自賠責保険のように要介護の後遺障害を区別しておらず、症状に応じて都度判断されます。

障害等級 慰謝料
第1級 2,800万円
第2級 2,400万円
第3級 2,000万円
第4級 1,700万円
第5級 1,440万円
第6級 1,200万円
第7級 1,030万円
第8級 830万円
第9級 670万円
第10級 530万円
第11級 400万円
第12級 280万円
第13級 180万円
第14級 110万円

※参考:日弁連交通事故相談センター東京支部、損害賠償額算定基準(赤い本)

 - 交通事故への対応, 後遺障害と損害賠償

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
逸失利益と基礎収入

人身事故では、被害者が死傷しなかったと仮定して、得られたはずの利益(逸失利益)が …

no image
逸失利益と就労可能年数

人身事故での逸失利益を計算するには、被害者が死傷していなかったして、どのくらいの …

no image
休業損害の考え方

人身事故での傷害の程度が重く、入院などで働けなくなった期間は、休業損害として損害 …

no image
死亡事故の慰謝料の基準

人身事故で被害者が亡くなった場合、被害者はもちろんのこと、被害者の遺族にも大きな …

no image
被害者本人の慰謝料と遺族の慰謝料

死亡事故が起きると、被害者本人の慰謝料と遺族の慰謝料という2つの慰謝料が発生しま …

no image
車対車の過失相殺

車対車の自動車事故では、一方的にどちらかだけが悪いということは少なく、両方に過失 …

no image
死亡までの損害賠償

事故当時は存命でも、事故後での傷害が致命傷となって、亡くなってしまう例は少なくあ …

no image
物損事故の消極損害

物損事故の消極損害は、財物に対する損害で被害者が得られるはずだった利益(逸失利益 …

no image
警察へ届け出ずに示談した場合

軽微な物損事故では、お互いが警察に届け出るまでもないと考え、その場で示談して終わ …

no image
物損事故の積極損害

物損事故の賠償は、「元通りに直す」という原状回復を基本としますが、物損事故で生じ …