賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

子供追加特約

自動車免許には年齢条件があり、車を運転する同居の家族で最も若い人に合わせます。普通は、もっとも若くなるのが子供なので、例えば、運転する子供が20歳なら全年齢補償、28歳なら26歳以上補償といった具合に設定します。

保険料は、年齢条件によって大きく変わり、補償範囲が広いほど高くなります。そのため、年齢条件は運転できる家族の全員を補償対象にできる代わりに、子供が若いと大きな負担増を強いられます。

■子供追加特約は年齢条件とは別

子供が新たに免許を取得し、家族の車を運転するようになると、子供のために年齢条件を下げて対応します。夫婦が50歳で35歳以上補償でも、子供が20歳なら全年齢補償にしなくてはなりません。

ところが、年齢条件を大きく下げてしまうと、前述のように保険料の負担が大きくなります。このようなときに利用できるのが子供追加特約で、子供だけ別枠で年齢条件を設定できる特約です。

子供追加特約を利用すると、年齢条件を下げずに若い子供を補償範囲に含めることが可能です。子供追加特約で保険料は増えますが、結果として年齢条件を下げるよりも、少ない増額で済むのです。

■子供追加特約の条件

子供追加特約は付けるには、次のような条件を満たさなければ付けられません。

・年齢条件がある保険契約である

年齢条件がない保険契約では、そもそも子供追加特約を使わなくても、補償対象に含まれます。

・追加する子供が契約車両の所有ではなく主に運転する人でもない

このような子供は、追加されるのではなく記名被保険者であるはずだからです。

・追加する子供が同居している

年齢条件がある保険契約でも、別居の子供は年齢条件の対象外で補償されます。

・記名被保険者と配偶者に運転者が限定されていない

運転者限定特約で運転者が限定されていると、子供追加特約と相反するからです。子供追加特約を付けるには、運転者限定が同居の親族か限定なしになっていなければなりません。

■子供追加特約は廃止されつつある

子供追加特約はとても便利ですが、大手保険会社では廃止されつつあります。結局は保険収入が減少してしまう事と、別居の子供が年齢条件の対象外であることも関係しているでしょう。

かろうじてSBI損保や三井ダイレクト損保、他にも共済で残っているところがあるようです(2014年現在)。子供追加特約を使えると、子供の成長と同居・別居に合わせて特約を付けたり外したりして対応できるので、自分の保険会社で使えないか確認してみましょう。

 - いろいろな特約, 自動車保険の保険料

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
使用条件や補償範囲に対する割引

自動車保険は、自動車を使用することによる事故リスクを補償する保険です。そのため、 …

2ffd7b1f3cb63a52f9418ba6bf6ad65a_s
保険会社間での等級の引き継ぎ

車を購入してから、ずっと同じ自動車保険に加入している人は意外と多く、そのほとんど …

no image
セカンドカー割引

2台目以降の自動車保険において、場合によって利用できるのがセカンドカー割引です。 …

no image
ノンフリート多数契約割引

ノンフリートとは、1台から9台までの契約台数のことで、個人のほとんどの保険契約者 …

658f620dc26982d288484e7023f23057_s
保険料と記名被保険者

自動車保険の補償の中心となり、保険料算出の基礎になるのが、記名被保険者と呼ばれる …

bddd7a55648a207beabd2d756422f503_s
1等級ダウン事故の導入

等級の上下と事故には密接な関係があり、基本的な等級の動きは、事故が無ければ上がり …

no image
ファミリーバイク特約

家族の中には、自動車を運転しなくても、原付バイク(125cc以下の小型バイク)に …

no image
人身傷害の搭乗中限定特約

人身傷害補償保険には、契約車両に搭乗中(車内)の傷害を補償するタイプと、車外にお …

no image
人に対する割引

人に対する割引の「人」とは記名被保険者の事で、自動車保険は記名被保険者を中心に補 …

no image
車両の特殊性に対する割引

自家用の乗用車ではあっても、割引の対象になる場合があり、それはエコカー、福祉車両 …