賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

交通事故と刑事処分

自動車の運転によって人を死傷させると、自動車運転死傷行為処罰法によって、刑事上の責任を問われることになります。また、道路交通法上でも罰せられる可能性がありますし、場合によっては刑法の適用もあります。

■自動車運転死傷行為処罰法による処分

平成26年5月20日に施行された自動車運転死傷行為処罰法は、自動車によって人を死傷された場合の罪を規定した法律で、それまでは刑法で定められていた内容に、悪質な運転に対する罪が加えられています。

危険運転致死罪 1年以上20年以下の有期懲役
危険運転致傷罪 15年以下の懲役
過失運転致死傷罪 7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金

 

危険運転致死傷罪は、特に危険な運転による事故で人を死傷させた場合で、飲酒、薬物使用による事故も危険運転致死傷罪が適用されます。過失運転致死傷罪は、注意を怠った結果、事故で人を死傷させた一般的な人身事故の場合です。

過失運転致死傷罪の適用は、傷害が軽ければ刑を免除される場合もあります。実際に人身事故を起こしても刑事処分を受けないことがあるのは、事故の経緯や傷害の程度が軽く免除されたか、不起訴・起訴猶予になったためです。

また、自動車運転死傷行為処罰法では、飲酒、薬物、病気の影響で、正常な運転ができなくなる可能性があるにもかかわらず、運転して死傷事故を起こした場合、少し刑を軽くした危険運転致死傷罪(致死:15年以下の懲役、致傷:12年以下の懲役)があります。

他にも、飲酒や薬物の影響が発覚するのを免れる行為には、12年以下の懲役、無免許運転であれば、刑の加重も規定されています。

■道路交通法による処分

交通違反をしていなくても事故は起こるものですが、特に運転に影響が大きい状態での運転は、道路交通法でも禁止されています。例えば、無免許、酒酔い・酒気帯び、危険薬物、過度の速度超過は、次のように罰則が設けられており、他にも多くの罰則規定があります。

無免許 3年以下の懲役または50万円以下の罰金
酒酔い 5年以下の懲役または100万円以下の罰金
酒気帯び 3年以下の懲役または50万円以下の罰金
危険薬物 5年以下の懲役または100万円以下の罰金
過度の速度超過 6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金

(一般道路:30km/h以上超過、高速道路:40km/h以上超過)

 

また、物損事故においても、運転の過失により建造物に損害を与えれば、運転過失建造物損壊罪が適用され、6ヶ月以下の禁固または10万円以下の罰金です。

■刑法による処分

刑法が適用されるとしたら、悪意を持って人を死傷させた場合、つまり故意の場合になります。故意による事故の結果、死亡すれば殺人罪が、負傷なら傷害罪の適用です。

また、自動車運転死傷行為処罰法が適用されない、自転車(軽車両)の場合には、刑法の業務上過失致死傷罪が適用されます。業務上過失致死傷罪は、5年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金です。

他にも、物損事故で故意があれば、器物損壊罪(3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料)や建造物等損壊罪(5年以下の懲役)が適用される可能性はあります。しかし、通常は過失であるため、道路交通法上の運転過失建造物損壊罪の適用となるでしょう。

 - 交通事故と法的責任, 交通事故への対応

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
交通事故証明書の交付

任意保険でも自賠責保険でも、保険金請求で必要になるのが、自動車安全運転センターが …

no image
加害者が死亡しているとき

死亡事故では被害者だけではなく、加害者が死亡することもあり、双方の死亡とどちらか …

no image
警察が行う実況見分

人身事故でも物損事故でも、警察は現場に来て(車両同士の軽微な事故なら当事者が出向 …

no image
死亡事故では葬儀費が認められる

死亡事故特有の損害賠償として、被害者の葬儀費が損害賠償に含められる点があります。 …

no image
傷害事故の消極損害

傷害事故による消極損害は、傷害によって労働機会や労働能力が失われ、収入を得られな …

no image
交通事故と行政処分

交通事故が、交通違反を同時に起こしていることは非常に多く、刑罰(刑事上の責任)、 …

no image
交通事故と民事責任

交通事故の当事者は、自分の過失割合に応じて生じる、損害賠償責任を互いに負わなくて …

no image
休業損害と事故時の職業

休業損害は、事故時に働いている(家事の従事を含む)ことが前提となって発生します。 …

no image
被害者本人の慰謝料と遺族の慰謝料

死亡事故が起きると、被害者本人の慰謝料と遺族の慰謝料という2つの慰謝料が発生しま …

no image
後遺障害等級認定の異議申立て

人身事故で後遺症が残って、後遺障害等級の認定をしても、必ず等級認定がされるとは限 …