賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

軽自動車の保険料と自動車税

自動車保険の保険料がどうしても高くて、十分な補償内容にできないときは、軽自動車への車両変更も考えてみるべきです。若い世代では、保険を軽視して収入の多くを車につぎ込んでしまう傾向も見られますが、任意保険が不足していると、人生が終わってしまうほどの賠償責任を負う可能性があり、万が一の保険金は不足しないようにしたいものです。

軽自動車の保険料

軽自動車であっても、公道を走るスピードは普通車と変わりなく、事故は同じように起きますが、車両本体が普通車に比べると安いので、特に車両保険での節約が見込めます。また、保険料自体が安く設定されているので、全体的に保険料の節約になります。

軽自動車の保険料が安いのは、自動車保険の基本的な保険である、対人賠償責任保険と対物賠償責任保険での損害額が小さいからです。軽自動車は車重が軽く、同じスピードでぶつかるとしたら、普通車よりも相手への損害は小さくなります。

構造が普通車よりも頑丈ではないので、軽自動車側の被害は大きいですが、自損事故以外は相手側の保険で支払われるので、大きく影響しません。このような側面から、軽自動車は保険料が安くなります。

もう1つ軽自動車の自動車保険の特徴は、型式別料率クラスが存在しないことです。今や軽自動車でも新車で150万円クラスなら安い方で、200万円越えも珍しくありません。普通車では車両入替で型式別料率クラスの影響を受けますが、軽自動車では高い車に乗り換えても影響を受けないのです。

軽自動車の自動車税

自動車保険とは直接関係しませんが、自動車に関係する経費では、毎年の自動車税は大きな負担でしょう。軽自動車の自動車税は、7,200円(自家用、2015年3月31日以前の登録車)となっており、2015年4月1日以降の登録車でも10,800円です。

対する自家用普通車の自動車税は、最も安い1リットル以下の排気量でも29,500円と、軽自動車で値上がりしても、3倍近い金額を支払わなくてはなりません。自動車税を支払わないと車検も通せず、毎年課税されるので、節約できる金額は任意保険よりも大きい可能性があります。

軽自動車の任意保険は必要?

言うまでもなく、軽自動車でも任意保険に加入するのは、自らの賠償責任に対する保険だけではなく、自動車を運転する人のマナーでもあると言えます。しかしながら、軽自動車で悩むのは車両保険ではないでしょうか。

軽自動車は軽くて材質も薄いことが多いので、相手への被害は少なくても、車両の損害度合いは大きくなります。しかも、普通車の小型車よりも値段が高いことも多く、軽だからと甘く見ていると、ぶつけたときの修理代金が思ったよりも高いものです。

そのため、保険料を節約したいならエコノミータイプにしてでも、車両保険には入った方が無難です。新車当時はもちろんのこと、最低でもローンが終わるまでは車両保険に入るべきですし、あるいは車両保険に入らずに、ぶつけて大破したら、安い中古に乗り換える気持ちで割り切るか、それぞれの考えで選べば良いでしょう。

 - 保険料の知識, 自動車保険の保険料

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
保険証券なし割引

通販型(ダイレクト型)の自動車保険で多くみられ、保険証券を発行せずに郵送してもら …

no image
人に対する割引

人に対する割引の「人」とは記名被保険者の事で、自動車保険は記名被保険者を中心に補 …

no image
割引の種類

自動車保険には、実に多くの割引制度があり、保険会社各社に共通の割引もあれば、保険 …

no image
セカンドカー割引

2台目以降の自動車保険において、場合によって利用できるのがセカンドカー割引です。 …

36ea5b4f27f0f558c46734e6aaa229ad_s
保険料の相場

自動車保険の保険料には、相場というものがありません。なぜ相場が無いかというと、保 …

no image
安全装置に対する割引

車の安全に関わる様々な装置は、事故のリスクを抑えるだけではなく、事故が起こっても …

no image
車両新価特約

せっかく新車を購入して自動車保険に加入したのに、ぶつけてしまい大きな損害を受けた …

no image
車両の特殊性に対する割引

自家用の乗用車ではあっても、割引の対象になる場合があり、それはエコカー、福祉車両 …

no image
他車運転特約

名称については、他車運転危険補償特約と呼ばれる場合もあり、契約車両の被保険者が、 …

no image
人身傷害の搭乗中限定特約

人身傷害補償保険には、契約車両に搭乗中(車内)の傷害を補償するタイプと、車外にお …