賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

過失割合と実況見分調書

交通事故の賠償では、必ずと言って良いほど、過失割合についての争いがあります。過失割合に争いがないとすれば、どう考えても一方的に衝突した場合や、明らかに一方だけが道路交通法違反をして、もう一方は事故への注意を怠っていなかった場合に限られます。

人身事故では、法律上で警察への連絡が義務付けられており、警察に連絡すると事故現場の検証し、当事者や目撃者などの証言も得て、実況見分調書が作られます。この実況見分調書は、過失について記載されることはないため、過失割合に影響がないように思えますが、それは大きな誤解なので、実況見分調書の重要性を理解しましょう。

■実況見分調書は裁判での証拠

実況見分調書は、単に警察が事故の状況を記録するに過ぎず、警察は加害者だから被害者だからという区分けで記録を作成しません。ところが、被害者は救急車で運ばれてしまっていることが多く、実況見分において立ち会うのは加害者だけという状況は、少なからずあります。

このとき、警察は最初から加害者を疑うのではなく、聴取した内容は記録されますし、加害者が正直ではなくても、真実を見極めるのは不可能です。被害者が立ち会っていれば、すぐに言い争いになるので疑っても、加害者だけの供述から嘘と見抜くには、事故の状況から確認できる明確な嘘以外は無理でしょう。

要するに、加害者立ち会いで作られる実況見分調書ほど、あてにならないものはありません。それでも、裁判になれば実況見分調書は重要な証拠として扱われ、その内容が加害者寄りであっても、覆すのは容易ではないのです。

■安易に供述調書にサインしない

実況見分調書のこうした性質から、被害者の供述によって、事実と反する主張の機会が与えられます。被害者が後から立ち会って、再度実況見分が行われるならまだしも、入院中の被害者に対しては、作成された実況見分調書を見せて、相違ないか確認することになります。

そしてこれもまた、被害者ならではと言えるのですが、事故は一瞬ですし、入院するほどの大ケガなら、予測できない状況で衝突されることが多いでしょう。加害者がどのような経路で走行し、どのくらいのスピードで衝突に至ったかなど、鮮明に覚えていない(そもそも予測していないので見てもいない)とすれば、警察がそう言っているなら…と認めてしまうケースも考えられます。

しかし、供述調書の内容に納得がいかなければ、絶対にサインをしてはいけません。元々加害者と被害者の主張が食い違うことなど、警察は百も承知です。

捜査権を持つ警察相手だからこそ、疑いがあることを主張し、加害者寄りになりがちな実況見分調書にNOを突き付けなければならず、そのまま裁判の証拠にされる意味を考えて行動するべきです。

 - その他

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
交通事故の保険金と税金

交通事故による保険金は、損害賠償として加害者から支払われるものと、損害賠償ではな …

no image
検察による処分

主に人身事故では、警察から検察へと事件が送られ、検察の判断で起訴するか起訴しない …

no image
自己破産と損害賠償金

交通事故の賠償金は金額も大きくなり、加害者が任意保険に加入していない、または保険 …

no image
ゴールド免許と割引の関係

自動車保険にはゴールド免許割引があり、保険料節約のためには、家族の中でゴールド免 …

no image
交通事故の損害賠償請求と時効

どんな請求にも、法律で定められた時効が存在し、交通事故の損害賠償請求も例外ではあ …

no image
損害賠償請求と強制執行

強制執行というのは、国家権力によって財産を差し押さえ、債権者に対して配当すること …

no image
好意同乗と損害賠償

自動車は、日常的な人の運送に利用されるため、運転者以外に同乗者がいることは当たり …

no image
示談交渉サービスのメリットとデメリット

任意保険には、保険会社が被害者と示談交渉をしてくれる、示談交渉サービスが付いてい …

no image
交通事故と民事調停

加害者(または加害者の保険会社)と被害者の示談ができなかった場合、すぐに訴えを提 …

no image
交通事故紛争処理センターの利用

名称でもわかるように、交通事故紛争処理センターは交通事故の紛争を解決するための機 …