賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

加害者が死亡しているとき

死亡事故では被害者だけではなく、加害者が死亡することもあり、双方の死亡とどちらか一方の死亡の両方があり得ます。被害者が死亡した場合、その遺族が損害賠償請求をすることになるように、加害者が死亡した場合は、その遺族に対して損害賠償請求することになります。

・被害者が死亡:被害者の遺族が損害賠償請求権を相続

・加害者が死亡:加害者の遺族が損害賠償責任を相続

ただし、自賠責保険でも任意保険でも、保険会社が保険金額に対応した保険金を支払うため、遺族に対しての損害賠償請求は発生しない場合があります。

■任意保険に加入しているとき

任意保険の対人賠償責任保険は、賠償額が無制限なので、加害者が任意保険に加入していれば、被害者への賠償額は全額保険会社が支払います。理屈上は、加害者の遺族が損害賠償責任を相続するので、加害者の遺族への請求ですが、示談は保険会社が行うために、実際は加害者の遺族への請求とはなりません。

被害者も死亡しているときは、被害者の損害賠償請求権を相続した被害者の遺族が、保険会社と示談して賠償額を受け取ります。

■任意保険に加入していないとき

自賠責保険でも損害賠償はされますが、傷害時の賠償額は上限が120万円、死亡時の賠償額は上限が3,000万円、後遺障害の賠償額は上限が4,000万円で、被害者への賠償としては、一般には全く足りないのが実情です。また、自賠責保険では示談交渉が付いていませんので、加害者の遺族と被害者側が直接示談します。

加害者の遺族は、相続した損害賠償責任によって、被害者の請求に応じなければなりませんが、ここで大きな問題が生じます。加害者に十分な相続財産がないとき、損害賠償金を支払うだけの資力が無いと、支払いたくても支払えないという状態になるからです。

賠償責任がある限りは、私財を処分してでも支払う義務が生じます。そうはいっても、人として最低限の生活保障は保護されるので、加害者の遺族が生活できないほどの請求は、実質的に意味を持たないという結果になります。

 - 交通事故への対応, 死亡事故と損害賠償

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
後遺障害等級の認定

後遺障害は個別の事例で症状が異なり、一定の基準で判断するべきではありません。しか …

no image
交通事故の被害者がすべきこと

交通事故の被害者になるか加害者になるかは、事故後にどちらの過失が多いかによって決 …

no image
警察が行う実況見分

人身事故でも物損事故でも、警察は現場に来て(車両同士の軽微な事故なら当事者が出向 …

no image
実況見分調書と供述調書

交通事故の記録は実況見分調書として残され、実況見分調書を見れば、事故までの経緯を …

no image
逸失利益と基礎収入

人身事故では、被害者が死傷しなかったと仮定して、得られたはずの利益(逸失利益)が …

no image
傷害事故の慰謝料

慰謝料は精神的苦痛に対する賠償という性質ですが、どのくらいの傷害ならどのくらいの …

no image
物損事故と人身事故の違い

物損事故(警察では物件事故)は物に対して、人身事故は人に対してという簡単な違いは …

no image
交通事故と行政処分

交通事故が、交通違反を同時に起こしていることは非常に多く、刑罰(刑事上の責任)、 …

no image
物損事故の消極損害

物損事故の消極損害は、財物に対する損害で被害者が得られるはずだった利益(逸失利益 …

no image
交通事故と民事責任

交通事故の当事者は、自分の過失割合に応じて生じる、損害賠償責任を互いに負わなくて …