賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

加害者が未成年の場合の損害賠償

交通事故では、加害者・被害者の双方が、自分の受けた損害について相手に賠償しなくてはなりません。過失相殺によって、加害者側の賠償責任が残り、その賠償額も小さくなるとはいえ、賠償責任が発生することに違いはありません。

ここで、加害者が未成年であるときの損害賠償を考えると、成年と違い多くの未成年は資力がありません。もちろん、事故を起こした未成年が免許を保有しており、運転していた車両が家族の車で任意保険に加入しているなら、年齢条件や運転者限定特約によって、未成年が補償対象外ではない限り問題はないでしょう。

■未成年の不法行為責任

民法では、他人に損害を加えた場合でも、「自己の行為の責任を弁識するに足りる知能を備えていなかった」ことを要件として、未成年の損害賠償責任を免除しています。では、自己の行為の責任を弁識するに足りる知能を備えているとはどういうことでしょう?

弁識とは理解し判断できるという意味なので、他人に損害を加えた行為について、自ら判断能力を持ち、その知能を兼ね備えていれば、未成年であっても損害賠償責任は発生します。車両の運転者の場合、小学生や中学生ということは考えにくく、未成年とはいっても運転免許を取得し(もしくは無免許であっても)、危険性については十分理解していると判断されます。

そのため、未成年であっても不法行為責任を免れるものではなく、損害賠償責任も負わなくてはならないのですが、未成年では損害賠償が実効性を伴わない点が問題になります。

■未成年以外が損害賠償する場合

未成年の事故では、車両が自己の所有であることは少なく、その場合は、車両の所有者や管理者も運行供用者として損害賠償責任を負います。また、未成年が就労者で業務中の事故なら、その使用者も損害賠償責任を負います。

これらの運行供用者や使用者だけではなく、未成年が損害賠償できるほどの資力を持たないときは、親が賠償していくのは良くあることです。親は未成年を監督する義務を負いますので、子供の起こした事故に対して、監督義務を果たせなかったとして損害する理屈です。

しかし、民法上での監督義務者の損害賠償責任は、未成年が責任無能力者(前述の不法行為責任を問われない者)である場合に限ります。そのため、事故を起こした未成年が、不法行為責任を免れない場合は、親に管理義務者としての損害賠償責任はありません。

だからといって、未成年の子供に自分で責任を取るように言っても、実際には賠償できないので、結局は多くの親が被害者に対して賠償することになるのでしょう。

 - その他

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
過失割合と実況見分調書

交通事故の賠償では、必ずと言って良いほど、過失割合についての争いがあります。過失 …

no image
国土交通省の無保険車対策

自動車を運転する上で、車検と自賠責保険はセットのようなもので、車検切れになると自 …

no image
政府保障事業とは

交通事故によっては、被害者が損害賠償請求できないケースが存在します。例を挙げると …

no image
保険会社との示談や裁判

自動車保険には示談交渉サービスが付いており、交通事故の加害者は、被害者と直接示談 …

no image
目撃者がいない死亡事故

刑事事件で良く言われる、「死人に口なし」という表現があるように、交通事故で被害者 …

no image
交通事故と民事調停

加害者(または加害者の保険会社)と被害者の示談ができなかった場合、すぐに訴えを提 …

no image
人身事故後は逮捕か書類送検

物損事故では民事扱いになるため(故意なら別)、警察は物件事故報告書を作成するのみ …

no image
修理後の評価損は認められにくい

自動車事故を起こして、車両に損害を受けると、修理によって回復するとしても、車両の …

no image
検察による処分

主に人身事故では、警察から検察へと事件が送られ、検察の判断で起訴するか起訴しない …

no image
好意同乗と損害賠償

自動車は、日常的な人の運送に利用されるため、運転者以外に同乗者がいることは当たり …