賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

自転車事故と自転車保険

ニュースを見ていると、時々お年寄りが自転車に追突されて無くなる事故が報じられる事もあります。以前から自転車事故は問題視されていたのですが、事故件数としては若干の減少傾向にあり、それでも届出のあるだけで、年間に10万件以上起こっています。

ただし、自動車事故の大半は、軽微な損害しか与えず、そもそも加害者・被害者共に損害賠償の認識が薄いのは確かです。また、自転車の利用者に未成年が多いのも、事故に対する意識が薄い要因でしょう。

自動車に対して保険を掛ける習慣は、今のところ浸透していないですが、道路交通法上の軽車両扱いである自転車は、まぎれもなく車両であって、歩行者相手では被害者になる意識を忘れてはなりません。

自転車保険の特長

自転車事故が注目されるようになって、自転車専用の保険が登場し始めました。実際には傷害保険の発展形として存在することが多く、自転車事故だけではなく、日常における事故が補償される商品もあります。

人が相手になると加害者、車と接触すると被害者になる自転車は、補償対象として両方の側面から考えられており、自転車保険は自動車保険と同じような特長を持ちます。しかし、自転車には自賠責保険のような強制加入の保険がなく、高速走行を目的とした自転車を、運転技術が未熟なまま利用するケースも見られる事から、その必要性は高まっています。

保険料は、高くても月額数百円で、自転車の与える損害の規模を考えると妥当ですが、元々保険加入の意識が薄いため、加入は進んでいません。それでも、補償額については自動車保険と引けを取らず、賠償責任保障は1億円まで、本人の死傷においても、保険料に応じて高額な補償を受けられるようになっています。

自転車保険は必要なのか

これまで自転車保険など考える事も無く、相手に怪我をさせたり、自分が怪我をしたりしたことの無い人にとっては、今後も自転車保険は不要だと思うのではないでしょうか。同じように、一度でも事故を起こして賠償した経験がある人なら、自転車保険に入っておこうと思うはずです。

高齢化社会においては、ちょっとした自転車との接触に耐えられず、転んで骨を折ったり、打ちどころが悪くて亡くなったりするケースも増えるでしょう。そう考えると、自転車保険は必要だと言わざるを得ません。

世の中の損害保険商品は、どれも同じようなもので、誰も損害が起きると思って加入していないのですから、自転車保険だけ例外というのもおかしな話なのです。

 - 自動車保険の知識, 自転車の事故

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

b5ce9e13feb240bebdcbecfffe7e0211_s
自賠責保険の加害者請求

交通事故の加害者は、賠償責任が当然ありますが、自賠責保険での補償は、加害者が被害 …

8aa07deaee0bba9b9352430e6206dd8c_s
自転車事故と自動車保険

自動車保険は、多くの種類の保険がセットになって販売されています。基本的な構成が、 …

3480aafe9950417a051775c973327a34_s
交通事故と健康保険

交通事故の被害者が怪我をした場合、病院で治療を受け、治療費は加害者が負担すること …

740059e2c1bd1bff335da4aae728d020_s
自転車事故と立証責任

自転車事故で被害を受けたとすると、加害者である自転車の運転者に損害賠償責任を問う …

35f29fdad0193278f740fb1566fd5316_s
自転車の交通違反

自転車であっても道路交通法上は車両(軽車両)扱いなので、自動車と同じように罰則の …

e6988f8a1875b48e6fd2855321426fc9_s
強制保険と任意保険

自動車を運転するために、免許が必要な事は誰でも知っていますが、自動車に保険が必要 …

8755a86b9e067acb3590829a30e07802_s
自賠責保険の被害者請求

通常、損害賠償において賠償金を支払うときは、加害者が被害者に対して支払い、その後 …

b2e2318f96125f136584b274ae18cae2_s
家族と他人の範囲

自動車保険の多くの適用範囲として、家族という単位が用いられます。しかし、広義には …

37466518184dad9beb06ecc39e7ea4ac_s
一括払い制度とは

自賠責保険と任意保険は、同じ保険会社である必要はなく、実際にも同じ保険会社である …

83ba2c2038833f0054099f3bd4df86e0_s
交通事故と労災保険

通勤中や業務中に災害を受けた場合、労災保険の対象になります。交通事故による怪我も …