賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

人身傷害の搭乗中限定特約

人身傷害補償保険には、契約車両に搭乗中(車内)の傷害を補償するタイプと、車外においても補償するタイプの2つがあります。通常は、人身傷害補償保険と言えば、車内+車外の両方を意味しますが、車内の補償に限定するための特約があります。

限定のしかたは保険会社で異なり、車内限定を特約にする他、車外補償を特約にしている保険会社もあります。

・人身傷害補償保険が車内外の補償:車内に限定する特約

・人身傷害補償保険が車内のみの補償:車外も補償する特約

どちらもパターンでも同じ効果になり、人身傷害補償保険で車外だけを補償する特約というのはありません。車内のみか、車内+車外の補償を選択するためにある特約です。

■人身傷害の搭乗中限定特約がある理由

人身傷害補償保険は、車内の傷害も車外の傷害も補償を受けられる便利な保険ですし、家族まで補償されるので、ほとんどの人が加入しています。しかし、家族の車の台数だけ自動車保険があるとすれば、人身傷害補償保険は全員で重複してしまいます。

自動車保険は損害額の補償までしか受けられないので、重複した車外補償は全て無駄になってしまうということです。そのため、車内に限定する特約(車外補償されない保険会社なら車外を補償する特約)を設けることで、重複を避けられるようになっています。

■実際にはかなり重複している

自立して自動車保険に加入するようになると、同居の家族であっても、自動車保険の内容まではお互いに話し合うことは少ないでしょう。ましてや、ほとんどの人が、自動車保険の保険内容や特約を十分理解せずに加入しています。

家族で自動車保険に入っている人が他にもいるなら、真っ先に人身傷害補償保険の重複を疑っても良く、かなりの確率で重複していると思われます。なぜなら、多くの保険会社では車内+車外の両方を補償しており、特約を付けなければ車内に限定されないからです。

場合によっては、自動車保険に加入している家族の全員が、車内+車外で加入していることもあり、非常に無駄な保険料を支払っている可能性があります。理想としては、各々の自動車保険では車内のみに限定し、家族の1人が車外も含めて加入すると、家族全員が車内+車外でカバーされます。

逆のパターンとして、特約を付けなければ車外が補償されない自動車保険を家族全員が利用していると、補償が車内のみになっている可能性もあります。その場合は、家族の1人が車外も補償する特約を付けると、同じく家族全員が車内+車外でカバーされます。

 - いろいろな特約, 自動車保険の保険料

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

36ea5b4f27f0f558c46734e6aaa229ad_s
保険料の相場

自動車保険の保険料には、相場というものがありません。なぜ相場が無いかというと、保 …

bddd7a55648a207beabd2d756422f503_s
1等級ダウン事故の導入

等級の上下と事故には密接な関係があり、基本的な等級の動きは、事故が無ければ上がり …

no image
子供追加特約

自動車免許には年齢条件があり、車を運転する同居の家族で最も若い人に合わせます。普 …

2bdc3f03ac1ced79cb95fb9530a366ec_s
等級制度の仕組み

自動車保険の等級制度は、事故を起こさない人には保険料を安く、事故を起こす人には保 …

edba01925f3675962388cccf6284d9af_s
保険料の支払方法

自動車保険の保険料は、年額で3万円程度~10万円程度と幅広いですが、いずれにして …

no image
ノンフリート多数契約割引

ノンフリートとは、1台から9台までの契約台数のことで、個人のほとんどの保険契約者 …

no image
セカンドカー割引

2台目以降の自動車保険において、場合によって利用できるのがセカンドカー割引です。 …

478283ad2c2882ee1c11c0af5dd1fe11_s
保険料の節約

保険の原理から言って、少ない保険料で手厚い保険金を期待するのは無理があります。し …

no image
人に対する割引

人に対する割引の「人」とは記名被保険者の事で、自動車保険は記名被保険者を中心に補 …

no image
盗難防止装置割引

自動車保険の中でも、車両保険では盗難時の補償を受けられるため、盗難防止装置がある …