賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

人身傷害補償保険

人身傷害補償保険は、被保険者(運転者やその家族)が死傷した場合に、事故の相手の有無に関係なく、損害額を実費で支払うタイプの保険です。実費で支払うというのがポイントで、定額を支払う搭乗者傷害保険との違いがあります。

人身傷害補償保険では、相手が存在する場合でも、相手の過失割合に関係なく、先に補償額を受け取ることが可能で、もし既に相手方から損害賠償金を受け取っている場合は、その額を引いた金額が補償されます。保険会社は、一旦全額を支払っても、後から相手の保険会社に請求するので、結局は保険会社の補償額が同じになります。

人身傷害補償保険の適用条件

人身傷害補償保険では、記名被保険者とその家族が適用範囲になり、乗車中だけではなく歩行中の事故も適用になります。歩行中の事故なら、相手方の保険で賠償されますが、前述のように相手方の賠償に先行して全額を受け取ることが可能です。

補償される内容は、死傷による損害全般で、治療費や入院費、休業による逸失利益、慰謝料なども含まれますので、利便性の高い保険であるとも言えます。その分、保険料は高くなりますが、歩行中もカバーされる点や、家族まで適用範囲に含まれる事を考えると、入っておいて損にはならないでしょう。

人身傷害補償保険は重複に注意

乗車中に限らず補償を受けられる保険であることから、人身傷害補償保険はしばしば重複して加入する例がみられます。例えば、夫婦において夫の車でも妻の車でも加入している場合です。

人身傷害補償保険には、車内+車外と車内のみという選択があり、歩行中も補償されるのは、車内+車外での加入です。2台の車で両方に車内+車外にしてしまうと、車外に対する補償が重複してしまいます。片方を車内のみに設定することで、どちらの車においても車内と車外の両方で補償を受けられ、なおかつ車内のみに設定した車の保険料が安くなります。

また、生命保険で交通事故に対する保険が含まれている場合も、保険料を安くする1つのポイントになります。生命保険は契約の保険金額が支払われ、人身傷害補償保険でも算出した損害額が限度額までの範囲で支払われます。厳密には重複とは言えませんが、両方から受け取る必要がないと思うなら、人身傷害補償保険の補償額を下げるという選択肢もあるでしょう。

 - 任意保険の保険内容, 任意保険を選ぶ基準

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

7994390c05e617799d09ae4fe3fa3122_s
保険金が支払われない免責事由とは

免責というのは、保険金を支払う責任を免れるという意味なので、免責事由とは保険会社 …

no image
告知事項と通知事項とは?

自動車保険に限りませんが、保険には契約時に告知しなければならない告知事項と、契約 …

no image
契約変更が必要な場合とは

保険契約は、契約時点における告知事項に基づき、保険会社が保険金額に応じた保険料を …

no image
等級制度の改定とは

自動車保険には、ノンフリート等級別料率制度(通称で等級制度)と呼ばれる、段階的な …

no image
保険の種類と補償額の目安

自動車保険には、自賠責保険もありますが、自賠責の補償額では十分ではなく、しかも自 …

no image
リスク細分型とは

保険が自由化されてから、リスク細分型と呼ばれる保険が自動車保険で取り入れられまし …

no image
対物賠償責任保険

対物賠償責任保険は、事故で他人の財産に損害を与えた場合の、賠償責任に備えるための …

no image
無保険車傷害保険

自動車に乗る多くの人は、任意保険に加入していますが、1割強の人は自賠責保険だけで …

no image
中断証明書とは

自動車保険には等級という、加入年数と事故の履歴によって保険料率が大きく変わる制度 …

no image
顧客満足度ランキングを比較

自動車保険の顧客満足度は、その保険会社がどのくらい支持されているかという裏付けに …