賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

人身事故の加害者がすべきこと

交通事故は加害者にも被害者にも不幸でしかありませんが、どんなに気を付けていても、事故を避けられない状況は少なからずあります。自分は事故を起こさないと思っている人ほど、事故時に茫然としてどうしたら良いかわからず、助かる命が助からないことすらあるので、知識だけでも頭に入れておいて損はありません。

交通事故の対応には、大きく分けると発生時に義務として行わなければならないことと、事故後の対応に備えて行うべきことの2つあります。どちらも大切で欠かすことができないので、慌てずに対応できるように心掛けたいものです。

■義務として行わなければならないこと

道路交通法第72条に、交通事故の場合の措置が規定されており、次の3つを義務としています。対象は自動車の運転者だけではなく、乗務員も含まれます。

・運転を停止して負傷者を救護する

・道路における危険を防止する等必要な措置を講ずる

・事故を警察に報告する

まず、運転を停止して負傷者の救護を行うのは、行わなければひき逃げになってしまうので当然の事です。一見して救急車を呼ばなくてはならない負傷はもちろん、負傷が明らかなら軽傷と思える状況でも呼ぶべきでしょう。

救護については、大よそほとんどの人が、自分では救急措置を会得していませんから、緊急の危険(車内に残すことで爆発の危険がある、道路上で交通の危険が大きいなど)がなければ、救急車を呼ぶときに負傷の状況を説明し、指示を仰ぐ方法になります。特に、重傷の場合には、動かすことで出血がひどくなったり、状態が悪化したりする可能性もあって判断は難しいので、なおさらそうなるでしょう。

道路における危険を防止する等必要な措置を講ずるとは、簡単に言えば、それ以上事故を拡大させないために、後続の車に事故を知らせるという意味です。発煙筒や停止板で知らせるほか、事故車両が交通の妨げなら動かす必要があります。ただし、事故現場の保全も大切なので、避けて通行できる程度なら警察に確認してから、もしくは複数枚写真に収めてからの方が良いかもしれません。

最後に警察への報告ですが、警察官が現場にいることは極めて少ないので、最寄りの警察署(いわゆる交番も含む)に連絡します。そして、報告するべき内容も定められていて、次のようになっています。

・事故が発生した日時と場所

・死傷者の数と負傷者の負傷の程度

・損壊した物及び損壊の程度

・車両の積載物

・事故について講じた措置

ちなみに、消防と警察は連携しているので、119番と110番のどちらに掛けても、双方に連絡されます。したがって、負傷者の救護の観点からは119番に掛けるべきで、救急で事故だと伝えれば警察も呼ばれます。110番に掛けても、事故で負傷者がいると伝えれば、消防に連絡されます。

■保険会社への連絡

事故後においては、必ず賠償問題に発展するので、保険会社への連絡は、賠償額が確定して補償を受けるために必須ですが、保険会社に連絡したからといって、すぐに何かしてくれるわけではありません。ましてや、保険会社の人間が事故現場に急行することは皆無です。事故現場では心細いですが、保険会社が行うのは示談交渉と損害賠償への補償であって、事故処理ではないと自覚しましょう。

保険会社には、事故の状況や被害者の連絡先・搬送先以外にも、わかる範囲で想定される過失を伝えておき、示談交渉は保険会社に任せておいた方が安心です。当事者同士の話し合いは紛糾しやすく、加害者としての謝罪は当然必要ですが、それ以上のお金の話は保険会社に任せるべきです。うっかり保険会社を通さずに事故現場で示談してしまい、思った通りの保険金が支払われないケースもあります。

なお、保険会社は賠償責任を補償してくれても、道義的な責任は果たしてくれませんから、被害者に対してのお見舞いや謝罪など、自分ですべきことは誠意を尽くします。保険会社に全て任せようとするのではなく、争いを大きくしないように自分でも努力するということです。だからといって、請求されるままに支払う約束をしてしまわないように気を付けなくてはなりません。

また、保険会社に連絡する意味は、用意されているロードサービスを受ける点でも重要です。修理工場から代車の手配、宿泊や帰宅までの費用など、補償内容は幅広いので受けられるサービスを確認して利用します。その際には、保険会社に事故後の流れについて、アドバイスを受けると良いでしょう。

■事故現場の証拠保全

負傷者の救護を最優先としながらも、事故現場の証拠保全は、その後の流れにおいて非常に重要な作業です。警察は実況見分を行いますが、当事者でもないのに、事故現場を見ただけで事故の原因や過失を判断することなど不可能です。

しかも、証拠保全が重要になるのは、事故の痕跡を最も良い状態(事故後から変化していない状態)で残す観点からは、速やかに行われなくてはなりません。例えば、散乱した破片は簡単に風などの外部の影響で動きますし、衝突直後の車の位置も、動かすことで容易に失われます。

ありもしない事実認定で、実況見分調書が作成されると、もはや覆すことは困難になり、主張すべき根拠にするためにも、証拠保全はとても大切になるのです。自分と相手の車両の損害、タイヤ痕、散乱物など、現場を写真に収め、事故当時の着衣も可能な限りそのままの状態で保管が必要です。

現在では携帯電話やスマートフォンの普及で、写真を撮ることには不都合がないはずなので、もしこれらの機器が損壊して使えなければ、とにかく借りてでも写しておきましょう。時には、これらの証拠が自分にとって不利な状況をもたらすかもしれず、証拠をどのように使用するかは任意ですが、交通事故が事実と違った展開になることは多いため、証拠を集めておくということです。

■目撃者の確保

偶然にも事故を目撃した人がそばにいたなら、目撃者として証言してもらえないか交渉しましょう。第三者が自分に有利な証言をしてくれるはずもないですが、少なくとも見たことをそのまま話してくれるだけでも貴重です。加害者(被害の小さい方)はどうしても不利になりやすく、当事者ではない第三者の証言は有力です。

可能なら警察の実況見分時に証言してもらっても良く、後に裁判沙汰になる可能性を考え、証人として協力してくれるか確かめておきます。できれば氏名や連絡先を教えてもらいたいところですが、協力は任意であるため強制もできません。最低でも警察に協力してもらえば、調書に残されるので、証拠能力としては十分です。

 - 事故発生時にすべきこと, 交通事故への対応

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
傷害事故の消極損害

傷害事故による消極損害は、傷害によって労働機会や労働能力が失われ、収入を得られな …

no image
警察へ届け出ずに示談した場合

軽微な物損事故では、お互いが警察に届け出るまでもないと考え、その場で示談して終わ …

no image
物損事故の加害者がすべきこと

物損事故の場合は、人身事故と決定的に違う点があり、民法上の損害賠償責任が問われま …

no image
被害者本人の慰謝料と遺族の慰謝料

死亡事故が起きると、被害者本人の慰謝料と遺族の慰謝料という2つの慰謝料が発生しま …

no image
保険会社への連絡内容

交通事故を起こしたら、事故後速やかに(60日以内に)加入する任意保険会社に連絡し …

no image
後遺障害の慰謝料

後遺障害の慰謝料は、症状固定前までの傷害に対する慰謝料と、症状固定後に発生する後 …

no image
後遺障害等級認定までの流れ

後遺障害等級の認定には、事前認定と被害者請求の2つありますが、どちらの方法でも大 …

no image
傷害事故の損害賠償内訳

人身事故によって傷害を受けると、加害者に損倍賠償請求することが可能です。損害賠償 …

no image
症状固定のタイミング

症状固定とは、それ以上の治療によって、回復の見込みが無い状況を意味します。したが …

no image
交通事故の被害者がすべきこと

交通事故の被害者になるか加害者になるかは、事故後にどちらの過失が多いかによって決 …