賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

事故対応について

保険会社の評価として良く語られるのが事故対応で、1年契約の自動車保険では、対応が悪ければ顧客は簡単に飛んでいくため、各社とも事故対応の良さをアピールしているのは当然です。

では、保険会社の事故対応とはどのようなものでしょうか。事故を起こした経験がない多くの人は、事故直後に動転しており、何をしたら良いのかというアドバイスと、現場に来てもらい、まるで代理人のように事故対応してもらうことを希望します。

しかし、前者のアドバイスはしてもらえても、後者の現場に出向いて事故対応はしてもらえません。これは、代理店型でも通販型でも同じで、可能性としては代理店型なら担当者が来てくれるかもしれませんが、状況の確認程度です。

保険会社は、事故の損害を補償する会社で、事故対応は事故の当事者が行うものです。あくまでも保険契約に基づいた、事故に付随する必要な対応をするのであって、保険会社に連絡したら全てしてくれると勘違いしないようにしましょう。

保険会社の事故対応とは

保険会社は、事故の連絡を受けた後、概ね次のような対応をします。

・事故状況、損害状況の確認
・ロードサービスと修理工場の手配
・可能なら事故の相手方に連絡
・医療機関に対する治療費精算
・必要なら弁護士の手配
・相手方の保険会社と過失割合の話し合い
・事故後の対応結果を報告

保険内容(特約内容)によっても異なりますが、保険会社への連絡から解決まで、契約しているサービスの提供と補償に関わる部分では対応してくれます。しかし、事故現場においては、傷害事故であれば救護や救急車の手配、警察から事情聴取や現場確認への立ち会い、または当事者間での事実確認等が主な内容です。これらの対応は、当事者が行うべき事ですし、当事者でなければ行えない事もあります。保険契約以外で繋がりの無い、保険会社の人間がいても意味が無いでしょう。

事故後の流れ

まず、最優先は人身傷害があった場合の救護です。実際には、効果的な救護が可能であるとは限らないので、救急車を手配するときに繋がった、通信指令室の話し相手に指示を仰ぎます。

その上で、二次的な事故を防ぐために、停止表示器材や発煙筒を使って、事故の存在を後続のドライバーに知らせます。事故車については、道路を塞いでいるならともかく、動かすことで状況が変わってしまうようなら、警察が来てから確認した方が良いかもしれません。次いで警察に事故があったことと、状況について報告します。

ちなみに、負傷者の救護、危険防止措置、警察への報告までは、法律上でも義務として規定されているので、可能な限り速やかに行います。

保険会社へは、その後に連絡することになります。連絡を受けた保険会社は、事故の状況や損害の程度、人身事故であれば運ばれた医療機関を確認し、必要ならレッカー移動のためにロードサービスを手配します。修理工場の希望がなければ、基本的には保険会社の提携する修理工場に運ばれます。

事故現場での対応が終われば、保険会社の役割は、補償額の算定と過失割合の決定です。過失割合は相手があってのことなので、相手方との交渉も入るでしょう。補償額が決まれば契約者に保険金として支払う事になります。

事故対応の良し悪しとは

何回も事故を起こすような人なら別ですが、ほとんどの人が語る事故対応の良し悪しとは、保険会社の対応というよりも、担当者が親身になって安心感を与えてくれるか、納得できる過失割合で補償されているかどうかです。なぜなら、事故の経験回数が少なければ、それだけ比較の対象もなく、良し悪しを語るほどは保険会社による違いを知らないからです。

細かい点で違いはあるかもしれませんが、実はどの保険会社であっても、事故から解決までの流れに大差はないもので、代理店型と通販型でも違いはありません。代理店型で長い付き合いの担当者なら、長期契約してくれている優良な顧客に対し、より手間を掛けてくれる可能性があるくらいです。ましてやコールセンターの受付担当は、そもそも外注会社の可能性が高いことから、受付担当の対応を保険会社の評価に繋げるのも少し違うのでしょう。

そう考えると、結局は保険会社の事故対応の良し悪しは、保険料に対してどのくらいのサービスが用意されているかという点でしょうか。ある保険会社では特約のサービスが、他の保険会社では自動付帯になっている、保険料に対して補償額が違う、適用条件が違うなどです。使わないに越したことはない自動車保険では、加入前に比較しておくことが大切になりそうです。

 - 任意保険はこうして選ぶ, 任意保険を選ぶ基準

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
型式別(車両)料率クラスとは

自動車保険の保険料は、様々な要素から決定されますが、中でも車両そのものが保有する …

no image
告知事項と通知事項とは?

自動車保険に限りませんが、保険には契約時に告知しなければならない告知事項と、契約 …

no image
ロードサービス

自動車事故では、車が動かなくなったときに、車を移動しなければ交通の障害になり、レ …

d079500ae71f011c6896f35ed5047c5c_s
保険金請求に必要な書類

保険金請求には、請求の根拠となる書類を集め、保険会社に提出しなければなりません。 …

no image
対人賠償責任保険

対人賠償責任保険は、人体に対する損害を補償する保険として、対物賠償責任保険と並び …

no image
中断証明書とは

自動車保険には等級という、加入年数と事故の履歴によって保険料率が大きく変わる制度 …

674b27ad5dfb3ace45ac6ba4ec529f17_s
キャンピングカーには要注意

キャンピングカーの自動車保険では、通販型(ダイレクト型)で加入しづらいという状況 …

no image
保険証券を紛失したら

車検証と違って、保険証券は郵送で送られてくるのが普通なので、自宅に保管しているこ …

no image
見積り・申込・乗り換え時の必要書類

自動車保険は、代理店の担当者と対面で契約する方法(代理店型)と、インターネットや …

no image
リスク細分型とは

保険が自由化されてから、リスク細分型と呼ばれる保険が自動車保険で取り入れられまし …