賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

事故車でも買い取りは可能?

大きな事故を起こしてしまうと、修理代金が高くなりすぎることから、廃車にしてしまうケースもあります。仮に買い取ってもらうとしても、事故車はどうしても査定が低くなりますし、ましてや大破した車なら、なかなか買い取ってもらえません。

しかし、どのような状態の車でも、全く無価値であるとは限らず、わざわざ面倒な手続きと費用を掛けてまで廃車にしてしまう前に、少し考え直してみましょう。もしかしたら、大きな損をしている可能性もあるからです。

■廃車同然でも売れる理由

全く走れそうもない車でも、買い取ってくれる業者がいるからには、利用価値があることがわかります。普通に考えると、修理するほうが高い車は、買い取ってもらえないと思うでしょうか。それは、修理して走行できる状態で売ることを前提にすると正論ですが、走行できない状態でも売れるとしたらどうでしょう?

走行できない状態でも買い取りされる場合、輸出ビジネスに行き当たります。日本の自動車は、優秀な製造技術によって支えられているため、海外(特に発展途上国)において人気があり、新車は高いので中古車に大きな市場があるのです。

日本では事故車と聞いただけで売れませんが、海外では需要があるため、買い取った事故車をそのまま海外に輸出し、現地で修理して販売しても利益が出るという仕組みです。しかも、海外では日本の厳格な車検制度に適用させる必要すらありません。

もしくは、買い取った事故車を、そのまま輸出業者が参加するオークションに出し、転売して利益を得ます。タダ同然で仕入れた事故車でも、輸出業者相手には値段が付くので、自ら輸出事業を手掛けていなくても利益を得られるというわけです。

■走らせるだけが車の価値ではない

どうしても車として買い取ってもらえなければ、視点を変えて売る方法を考えるしかありません。

車というのは、完成形を走行できる状態だとすると、未完成形である部品の集まりとしても価値を持っています。各部品は一様に劣化していくものではなく、また事故の影響を受けていない部品も当然あるため、部品で買ってもらうという方法もあり、中古部品の市場も存在します。

また、部品がダメでも、単純に鉄スクラップとしての価値は必ず残ります。車両の大きさにもよりますが、1万円~2万円程度の価値はあるとされています。あきらめずにお金に換える方法を探してみましょう。

 - その他

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
修理後の評価損は認められにくい

自動車事故を起こして、車両に損害を受けると、修理によって回復するとしても、車両の …

no image
自動車運転死傷行為処罰法とは?

平成26年5月20日から、自動車運転死傷行為処罰法という新法が施行されました。こ …

no image
損害賠償請求と強制執行

強制執行というのは、国家権力によって財産を差し押さえ、債権者に対して配当すること …

no image
自己破産と損害賠償金

交通事故の賠償金は金額も大きくなり、加害者が任意保険に加入していない、または保険 …

no image
外貌醜状と後遺障害等級

外貌醜状という聞きなれない言葉ですが、これは傷によって外見が醜い状態、要するに見 …

no image
検察による処分

主に人身事故では、警察から検察へと事件が送られ、検察の判断で起訴するか起訴しない …

no image
不起訴に対する不服申立て

交通事故の加害者が、検察官の不起訴に不服を申し立てることはないでしょうから、不起 …

no image
車速と停止距離の関係

交通事故では、事故の損害が当事者の命運を分け、速度が大きいほど損害が大きくなるの …

no image
人身事故後は逮捕か書類送検

物損事故では民事扱いになるため(故意なら別)、警察は物件事故報告書を作成するのみ …

no image
交通事故と民事調停

加害者(または加害者の保険会社)と被害者の示談ができなかった場合、すぐに訴えを提 …