賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

レンタカーでの交通事故

日本全国を自分の車で旅行するのは難しいので、現地でレンタカーを借りることもあるでしょう。レンタカーの場合には、例外なく任意保険に加入しているので、自分で保険加入しなくても補償を受けることができます。

ただし、自分で保険内容を決めていないので、補償内容については不足しているかもしれません。どうしても気になるなら、レンタカーを借りる前に確認するべきですが、自分の自動車保険に他車運転特約があれば、優先もしくはレンタカーの保険で超過した部分を使うことも可能です。

■主なレンタカー会社の補償内容

全国展開している主なレンタカー会社の補償内容を表にしました。各レンタカー会社とも、ほぼ横並びの状態で、レンタカー業界で標準になっていると考えられます。選択の余地があるとすれば、対物補償と人身傷害補償での若干の違い程度でしょうか。

対人補償 対物補償 車両補償 人身傷害補償
トヨタレンタカー 無制限 無制限 車両時価限度 3,000万円
日産レンタカー 無制限 2,000万円 車両時価限度 3,000万円
ニッポンレンタカー(安心) 無制限 無制限 車両時価限度 5,000万円
ニッポンレンタカー(標準) 無制限 3,000万円 車両時価限度 3,000万円
オリックスレンタカー 無制限 無制限 車両時価限度 3,000万円
タイムズカーレンタル 無制限 無制限 車両時価限度 3,000万円
駅レンタカー 無制限 2,000万円 車両時価限度 3,000万円
Jネットレンタカー 無制限 無制限 車両時価限度 3,000万円

※各社とも2015年1月現在

※各社とも対物補償は免責5万円

※各社とも車両補償は免責5万円(バス等は10万円)

※補償内容は変更の可能性があります。

■免責とロードサービス

一般の自動車保険ではみられませんが、レンタカーの保険では、対物補償において免責金額が設定されているのが特徴です。免責金額は5万円で、大型車などで10万円になります。

1日のレンタカー料金を考えると、免責5万円というのは高く思えるかもしれません。そのような場合には、免責を補償するプランも用意されており、1日500円~2,000円程度を支払えば、免責金額を支払わなくて済みます。

また、ロードサービスが用意されているレンタカー会社もありますが、オプションや料金コースの1つとして用意されている場合もあって、対応は一様ではないので、予め確認しておくと良いでしょう。

 - 事故発生時にすべきこと, 交通事故への対応

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
交通事故と行政処分

交通事故が、交通違反を同時に起こしていることは非常に多く、刑罰(刑事上の責任)、 …

no image
後遺障害等級認定の異議申立て

人身事故で後遺症が残って、後遺障害等級の認定をしても、必ず等級認定がされるとは限 …

no image
実況見分調書と供述調書

交通事故の記録は実況見分調書として残され、実況見分調書を見れば、事故までの経緯を …

no image
休業損害の考え方

人身事故での傷害の程度が重く、入院などで働けなくなった期間は、休業損害として損害 …

no image
後遺障害等級の認定

後遺障害は個別の事例で症状が異なり、一定の基準で判断するべきではありません。しか …

no image
加害者が死亡しているとき

死亡事故では被害者だけではなく、加害者が死亡することもあり、双方の死亡とどちらか …

no image
物損事故の消極損害

物損事故の消極損害は、財物に対する損害で被害者が得られるはずだった利益(逸失利益 …

no image
逸失利益と基礎収入

人身事故では、被害者が死傷しなかったと仮定して、得られたはずの利益(逸失利益)が …

no image
交通事故と民事責任

交通事故の当事者は、自分の過失割合に応じて生じる、損害賠償責任を互いに負わなくて …

no image
逸失利益の計算方法

逸失利益を求めるための要素は次の4つで、そのうち生活費相当額の控除は死亡事故のと …