賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

示談交渉サービスのメリットとデメリット

任意保険には、保険会社が被害者と示談交渉をしてくれる、示談交渉サービスが付いています。示談交渉してくれるのは、保険契約者に損害賠償責任がある場合に限られているので、加害者が10対0の過失割合なら、損害賠償責任がない被害者は利用できません。

また、当然ながら相手との示談なので、自分の損害を補償するための保険では対象にならず、対人賠償責任保険と対物賠償責任保険が示談交渉サービスの対象です。つまり、保険会社が加害者の損害賠償を補償する必要があるとき、加害者に代わって被害者と示談をします。

過失がない被害者が示談交渉サービスを受けられないのは、被害者の保険会社は利害関係がなく、代理が弁護士法に抵触するためです。極端に言えば、過失割合が僅かでも被害者にあれば、保険会社は示談できるということです。

■示談交渉サービスのメリット

示談を代行してもらうことで、事故の当事者間で直接話し合う必要がない点は、示談において良い方向に作用します。当事者での示談は、単なる言い争いに終始し、払う払わないの話で終わってしまうからです。

交通事故の加害者も被害者も、事故の結果に対する損害賠償額をきちんと計算できて、正当な請求を行える人はほとんどおらず、被害者は過大に、加害者は過小に考えがちです。保険会社は確実に過小な示談額を提示しますが、それでも加害者と違い根拠があって提示しますから、過小でも不当とまでは言えません。

■示談交渉サービスのデメリット

はっきりと言えるのは、被害者にとって示談の相手が保険会社ということ自体が、感情論では好まないでしょう。保険会社は加害者の損害賠償額を補償するだけで、事故の当事者でもなく、さらにはお金の話しかしないので、いわゆる「感じが悪い」相手です。

本来であれば、加害者が保険を使うかどうかなど被害者には関係なく、加害者が被害者に全額支払って、保険を使うなら補償を勝手に受ければ良いだけの話です。保険会社が出てくるのは、単に加害者の都合で、保険会社に任せきりで誠意の無い加害者は、被害者が最も嫌悪感を持つパターンでしょう。

また、被害者視点では、加害者の保険会社と示談すると、ほぼ確実に本来得られるはずの金額よりも少ない損害賠償額になります。それは、裁判基準と保険会社の基準があまりにも離れているためで、自賠責保険の基準に若干の上乗せをした程度が、保険会社で交渉に使われる金額です。

結局、加害者からはメリットが多く、被害者からはデメリットが多い(被害者も使うならメリットもある)のが、示談交渉サービスといったところでしょうか。

 - その他

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
修理後の評価損は認められにくい

自動車事故を起こして、車両に損害を受けると、修理によって回復するとしても、車両の …

no image
交通事故と共同不法行為

事故の加害者と被害者が1対1なら、不法行為によって損害賠償請求されるのは加害者で …

no image
交通事故の裁判と和解

交通事故で裁判が起こるのは、ほとんどが賠償(過失)の有無や賠償金額に争いがある場 …

no image
交通事故と民事調停

加害者(または加害者の保険会社)と被害者の示談ができなかった場合、すぐに訴えを提 …

no image
目撃者がいない死亡事故

刑事事件で良く言われる、「死人に口なし」という表現があるように、交通事故で被害者 …

no image
交通事故の発生状況データ

警察庁は、毎年交通事故の発生状況について公表をしており、ここでは平成26年の状況 …

no image
交通事故の保険金と税金

交通事故による保険金は、損害賠償として加害者から支払われるものと、損害賠償ではな …

no image
交通事故後の自殺

不幸にも交通事故は起きてしまえば受け入れるしかないですが、交通事故で受けた傷害を …

no image
人身事故後は逮捕か書類送検

物損事故では民事扱いになるため(故意なら別)、警察は物件事故報告書を作成するのみ …

no image
外貌醜状と後遺障害等級

外貌醜状という聞きなれない言葉ですが、これは傷によって外見が醜い状態、要するに見 …