賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

自転車の飲酒運転

飲酒運転による、悪質な自動車事故による被害が取り沙汰された頃、同じように自転車の飲酒運転についても話題になった時期があります。以前までは、お酒を飲んでも大丈夫だとして、自転車で移動する人も多かったのですが、完全に間違いであることが指摘され、飲酒運転の罰則が注目されました。

犯罪行為としての認識が薄い、自転車の飲酒運転では、現在でも繁華街で良く見かける光景ですし、積極的に取り締まりを受けている様子もありません。警察としては発見したら無視できませんが、他にも注意を向ける箇所が多すぎるために、手が回らないといったところでしょうか。

道路交通法上は車両扱い

自動車免許の講習で学びますが、自転車の法律上の扱いは軽車両となっており、車両の定義に自動車、原動機付自転車、軽車両、トロリーバスが含まれるため、自転車は車両として扱われています。

そして、車両である自転車は、自動車と同じくというよりも、自動車と区別されずに、酒気を帯びて運転することが許されていません。酒酔い(運転を正常にできないおそれがある状態)で運転すれば、5年以下の懲役または100万円以下の罰金という、重い罰則が待ち構えています。当然ながら、飲酒を勧めても罪になります。

自動車と違う点があるとすれば、酒気帯びについては罰則が設けられていない点です。しかし、誤解しやすいのが、罰則がない=違反しても良いということではなく、繰り返しますが酒気を帯びての運転は、明確に法律で禁止されています。

飲酒運転の過失は重い

飲酒運転で事故を起こし、人を死傷させると、重過失に相当して罪が重くなります。刑法の規定では、重過失致死傷は5年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金です。

自転車の場合には、自動車運転死傷行為処罰法の適用を免れますが、自動車や自転車だからということではなく、重大な過失で人を死傷させた場合の罪が重いのは、社会通念上でも当然なので、例外は認められていません。自転車に対する考えを改めなければ、重い罪だけではなく、一生掛かっても償いきれない賠償責任を負う可能性があるということです。

 - 自動車保険の知識, 自転車の事故

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

83ba2c2038833f0054099f3bd4df86e0_s
交通事故と労災保険

通勤中や業務中に災害を受けた場合、労災保険の対象になります。交通事故による怪我も …

5e1ab727389599292ba94f54b2c512fb_s
自賠責保険とは

自賠責保険は、車を買う時には必ず入らなくてはならない保険で、法律で義務化されてい …

b2e2318f96125f136584b274ae18cae2_s
家族と他人の範囲

自動車保険の多くの適用範囲として、家族という単位が用いられます。しかし、広義には …

b7aa1677c1edd41f758d38f115aaf7df_s
自動車保険と自動車共済

自動車保険と同じように、自動車事故に対して補償を行う仕組みに、自動車共済がありま …

e6964be136f181e1fce7f63b40c69e4e_s
自賠責保険の減額と免責事由

被害者救済を目的とする自賠責保険でも、被害者に過失がある場合には、一定の割合で補 …

b5ce9e13feb240bebdcbecfffe7e0211_s
自賠責保険の加害者請求

交通事故の加害者は、賠償責任が当然ありますが、自賠責保険での補償は、加害者が被害 …

8755a86b9e067acb3590829a30e07802_s
自賠責保険の被害者請求

通常、損害賠償において賠償金を支払うときは、加害者が被害者に対して支払い、その後 …

3480aafe9950417a051775c973327a34_s
交通事故と健康保険

交通事故の被害者が怪我をした場合、病院で治療を受け、治療費は加害者が負担すること …

35f29fdad0193278f740fb1566fd5316_s
自転車の交通違反

自転車であっても道路交通法上は車両(軽車両)扱いなので、自動車と同じように罰則の …

bd1c17fc99dab4086bca256a97c4309b_s
自転車事故と自転車保険

ニュースを見ていると、時々お年寄りが自転車に追突されて無くなる事故が報じられる事 …