賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

特定違反行為の基礎点数

 

違反の種類 基礎点数
運転殺人等 62
運転傷害等(治療期間3ヶ月以上または後遺障害) 55
運転傷害等(治療期間30日以上) 51
運転傷害等(治療期間15日以上) 48
運転傷害等(治療期間15日未満) 45
運転傷害等(建造物損壊) 45
危険運転致死等 62
危険運転致傷等(治療期間3ヶ月以上または後遺障害) 55
危険運転致傷等(治療期間30日以上) 51
危険運転致傷等(治療期間15日以上) 48
危険運転致傷等(治療期間15日未満) 45
酒酔い運転 35
麻薬等運転 35
救護義務違反(ひき逃げ) 35

 

※運転殺人、運転傷害とは、運転で人を死傷させる行為(建造物を損壊させて人が死傷した場合を含む)のうち、故意によるものです。

・主な一般違反行為の基礎点数

違反の種類 基礎点数 酒気帯び

0.25以上

酒気帯び

0.25未満

無免許 25    
酒気帯び(呼気中アルコール濃度0.25 mg 以上) 25    
酒気帯び(呼気中アルコール濃度0.25 mg 未満) 13    
速度超過

()は高速

50km以上 12 25 19
30km(40km)以上50km未満 6 25 16
25km以上30km(40km)未満 3 25 15
20km以上25km未満 2 25 14
20km未満 1 25 14
信号無視 赤色等 2 25 14
点滅 2 25 14
指定場所一時不停止等 2 25 14
安全運転義務違反 2 25 14
携帯電話使用等 交通の危険 2 25 14
保持 1 25 14
座席ベルト装着義務違反 1 25 14

 

■交通事故による付加点数

交通事故では、交通違反による基礎点数に、事故による死傷、建造物の損壊、あて逃げによって点数が加算されます。事故の加害者としては、損害賠償の点だけではなく、行政処分においても被害者の損害は小さい方が処分も小さくて済みます。

付加点数には、専ら違反行為をした者の不注意で事故が起こった場合と、それ以外(専ら以外)の事故に分けられます。つまり、過失の大きさが専らと専ら以外を分けるのですが、その判断基準は実況見分をした警察の判断に委ねられるので、一概に加害者なら専らに該当するとは限りません。

・付加点数

損害の程度 専らに該当 専ら以外
死亡事故 20 13
重傷事故(治療期間3ヶ月以上または後遺障害) 13 9
重傷事故(治療期間30日以上) 9 6
軽傷事故(治療期間15日以上) 6 4
軽傷事故(治療期間15日未満) 3 2
建造物損壊 3 2
危険防止措置義務違反(あて逃げ) 5

 

なお、専らに該当する(不注意の度合いが大きい)事故を起こした場合は、刑事処分が課せられることが多く、加害者と被害者の双方に過失があって、専ら以外に該当すれば、刑事処分は課せられず起訴猶予になる可能性が高いでしょう。

■点数計算と累積点数

交通事故では、基礎点数(違反)と付加点数(事故)の合計に、過去3年間に累積された点数を加えた総計で、行政処分の内容が決まります。しかし、累積点数については、一定の要件を満たすことで合算されず、行政処分が軽くなる場合があります。免許停止や免許取消しのラインに到達するか否か、または行政処分の期間を決定する上で、累積点数の合算の有無は大きいでしょう。

・過去1年間に無事故、無違反の場合

1年間の無事故・無違反によって、行政処分の前歴(免許取消しを除く)と累計点数が0になります。ただし、1年間というのは前回の違反から免許停止や免許失効の期間を含まず、運転可能な期間が1年間という扱いです。

・過去2年間に無事故、無違反の場合

過去2年間を無事故・無違反であると、違反点数が3点以内の場合は、さらに3ヶ月を無事故・無違反で過ごすことによって、3ヶ月前に起こした3点以内の違反は、累積点数として扱いません(違反歴は残る)。

■行政処分の基準

行政処分には免許停止(免停)と免許取消し(免取)があり、免許停止には停止期間が、重い処分である免許取消しでは、再取得ができない欠格期間があります。また、点数が重いほど、前歴が多いほど処分は厳しくなります。

・特定違反行為での免許取消し(欠格期間)

違反点数 前歴0回 1回 2回 3回
35~39 3年(5年) 4年(6年) 5年(7年) 6年(8年)
40~44 4年(6年) 5年(7年) 6年(8年) 7年(9年)
45~49 5年(7年) 6年(8年) 7年(9年) 8年(10年)
50~54 6年(8年) 7年(9年) 8年(10年) 9年(10年)
55~59 7年(9年) 8年(10年) 9年(10年) 10年
60~64 8年(10年) 9年(10年) 10年
65~69 9年(10年) 10年
70以上 10年

※()内は免許取消歴等保有者が処分を受ける場合

・一般違反行為での免許取消し(欠格期間)

違反点数 前歴0回 1回 2回 3回以上
4 免許停止 免許停止 免許停止 1年(3年)
5 1年(3年)
6
7
8
9
10,11 1年(3年) 2年(4年)
12~14
15~19 1年(3年) 2年(4年)
20~24 2年(4年) 3年(5年)
25~29 2年(4年) 3年(5年) 4年(6年)
30~34 3年(5年) 4年(6年) 5年
35~39 3年(5年) 4年(6年) 5年
40~44 4年(6年) 5年
45以上 5年

※()内は免許取消歴等保有者が処分を受ける場合

・免許停止

違反点数 前歴0回 1回 2回 3回 4回以上
2 なし なし 90日 120日 150日
3 120日 150日 180日
4 60日 150日 免許取消し 免許取消し
5 免許取消し
6 30日 90日
7
8 120日
9 60日
10,11 免許取消し
12~14 90日

 - 交通事故と法的責任, 交通事故への対応

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
死亡までの損害賠償

事故当時は存命でも、事故後での傷害が致命傷となって、亡くなってしまう例は少なくあ …

no image
後遺障害等級の認定

後遺障害は個別の事例で症状が異なり、一定の基準で判断するべきではありません。しか …

no image
警察が行う実況見分

人身事故でも物損事故でも、警察は現場に来て(車両同士の軽微な事故なら当事者が出向 …

no image
人身事故の加害者がすべきこと

交通事故は加害者にも被害者にも不幸でしかありませんが、どんなに気を付けていても、 …

no image
傷害事故の損害賠償内訳

人身事故によって傷害を受けると、加害者に損倍賠償請求することが可能です。損害賠償 …

no image
物損事故の加害者がすべきこと

物損事故の場合は、人身事故と決定的に違う点があり、民法上の損害賠償責任が問われま …

no image
後遺障害の慰謝料

後遺障害の慰謝料は、症状固定前までの傷害に対する慰謝料と、症状固定後に発生する後 …

no image
休業損害の考え方

人身事故での傷害の程度が重く、入院などで働けなくなった期間は、休業損害として損害 …

no image
死亡事故では葬儀費が認められる

死亡事故特有の損害賠償として、被害者の葬儀費が損害賠償に含められる点があります。 …

no image
逸失利益と労働能力喪失率

労働能力喪失率とは、後遺障害で逸失利益を算出するときに使われる数値で、人身事故が …