賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

交通事故と3つの法的責任

交通事故を起こすと、次の3つの法的責任を問われ、それぞれは処分もしくは賠償することで責任を果たすのですが、個別に扱われるため、基本的に関連性はありません。

・刑事上の責任

・行政上の責任

・民事上の責任

関連性がないという意味は、それぞれの責任を果たしたとしても、他方の責任に影響を与えないという意味です。例えば、物損事故で刑事処分や行政処分を受けなくても、事故の相手に対する民事上の責任(損害賠償責任)は、賠償金を支払うことで果たす必要があります。

■刑事上の責任

刑事上の責任とは、交通事故に対する刑罰として、罰金刑、禁錮刑、懲役刑が科せられるものです。刑事罰は人身事故と建造物損壊に対する罪で、損害の大きさや過失・故意の有無によって刑罰が異なります。対象の法律としては、自動車運転死傷行為処罰法、道路交通法、刑法です。

■行政上の責任

刑事上の責任と異なり、行政上の責任では犯罪として扱われませんが、行政処分として免許に関係する処分、反則金の徴収で実現されます。対象の法律は道路交通法で、反則金は刑事罰での罰金ではありません。

しかし、反則金は元々刑事手続きを簡便化するための行政上の制裁金という性質があり、反則金を納めないと、今度は罰金が科せられるため、刑事処分に変わるという特殊な行政罰です。

■民事上の責任

民事上の責任とは、即ち損害賠償責任ということになり、対象の法律は民法の不法行為責任です。また、自賠責保険における運行供用者責任であれば、自動車損害賠償保障法が根拠法です。

刑事上の責任や行政上の責任は、自らが法律に則った処分を受けることで果たしますが、民事上の責任は、相手に対する賠償責任であることからトラブルも多くなります。その多くは金銭による賠償になり、無保険では一生を費やしても支払いきれない金額になる可能性があるのも特徴です。

 - 交通事故と法的責任, 交通事故への対応

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
物損事故の加害者がすべきこと

物損事故の場合は、人身事故と決定的に違う点があり、民法上の損害賠償責任が問われま …

no image
傷害事故の積極損害

傷害事故での負傷により、被害者が受けた損害のうち、治療費等で実際に掛かった費用を …

no image
逸失利益と基礎収入

人身事故では、被害者が死傷しなかったと仮定して、得られたはずの利益(逸失利益)が …

no image
警察へ届け出ずに示談した場合

軽微な物損事故では、お互いが警察に届け出るまでもないと考え、その場で示談して終わ …

no image
交通事故の被害者がすべきこと

交通事故の被害者になるか加害者になるかは、事故後にどちらの過失が多いかによって決 …

no image
症状固定のタイミング

症状固定とは、それ以上の治療によって、回復の見込みが無い状況を意味します。したが …

no image
傷害事故の損害賠償内訳

人身事故によって傷害を受けると、加害者に損倍賠償請求することが可能です。損害賠償 …

no image
死亡事故では葬儀費が認められる

死亡事故特有の損害賠償として、被害者の葬儀費が損害賠償に含められる点があります。 …

no image
特定違反行為の基礎点数

  違反の種類 基礎点数 運転殺人等 62 運転傷害等(治療期間3ヶ月 …

no image
休業損害と事故時の職業

休業損害は、事故時に働いている(家事の従事を含む)ことが前提となって発生します。 …