賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

交通事故の保険金と税金

交通事故による保険金は、損害賠償として加害者から支払われるものと、損害賠償ではなく、自分や搭乗者を救済する目的で加入した保険からの保険金があります。前者は傷害なら対人賠償責任保険で、物損なら対物賠償責任保険で支払われ、後者は人身傷害補償保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険、車両保険から支払われます。

損害賠償として支払われた金額は課税対象にはならず、その他の保険でも、自分で受け取っていれば課税対象になりません。課税されるのは、被保険者が死亡してしまった場合の保険金です。

なお、自動車保険には、無保険車傷害保険という、相手が無保険の場合に備える保険があります。この保険は、自分で保険料を支払って自分で保険金を受け取る性質ですが、本来相手が支払うべき賠償金額を受け取れない事態のための保険です。したがって、無保険車傷害保険は損害賠償の代わりに存在する特性から、課税対象にはなりません。

■相続税が発生する場合

遺族に相続税が発生するのは、死亡者の財産を相続した場合です。死亡者が保険金を支払い、死亡者が受け取るはずだった保険金は、死亡者の財産とみなされます。

本来の受取人が死亡して遺族が相続する形になるので、相続税上は「みなし相続財産」という扱いです。みなし相続財産には非課税枠があり、500万円×法定相続人までを対象としますが、法定相続人以外が同じ条件で保険金を受け取っても、非課税枠はありません。

■所得税・住民税が発生する場合

死亡者が被保険者でも、死亡者以外が保険料を支払う保険金を受け取ると、受取人を対象としていない保険金なので、一時所得があったとみなされます。一時所得は、確定申告で給与所得や事業所得と通算され、その所得合計に対して所得税と住民税が課税されます。

多いケースとしては、家族を被保険者として自分が支払っている自動車保険において、家族が死亡してしまった場合です。

■贈与税が発生する場合

他人が保険料を支払っている保険車両に同乗し、死亡してしまった場合には、他人が搭乗者傷害保険に加入していると保険金が支払われます。

この保険金は、保険加入者である他人から遺族に対する贈与とみなされて、贈与税の対象になります。多いケースとしては、友人・知人の車に同乗して、死亡してしまった場合です。

 - その他

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
好意同乗と損害賠償

自動車は、日常的な人の運送に利用されるため、運転者以外に同乗者がいることは当たり …

no image
加害者が未成年の場合の刑事処分

加害者が成年の場合、人身事故を起こすと次のような流れで進んでいきます。 ①警察に …

no image
政府保障事業とは

交通事故によっては、被害者が損害賠償請求できないケースが存在します。例を挙げると …

no image
外貌醜状と後遺障害等級

外貌醜状という聞きなれない言葉ですが、これは傷によって外見が醜い状態、要するに見 …

no image
交通事故と民事調停

加害者(または加害者の保険会社)と被害者の示談ができなかった場合、すぐに訴えを提 …

no image
交通事故紛争処理センターの利用

名称でもわかるように、交通事故紛争処理センターは交通事故の紛争を解決するための機 …

no image
損害賠償請求と強制執行

強制執行というのは、国家権力によって財産を差し押さえ、債権者に対して配当すること …

no image
国土交通省の無保険車対策

自動車を運転する上で、車検と自賠責保険はセットのようなもので、車検切れになると自 …

no image
加害者が未成年の場合の損害賠償

交通事故では、加害者・被害者の双方が、自分の受けた損害について相手に賠償しなくて …

no image
人身事故後は逮捕か書類送検

物損事故では民事扱いになるため(故意なら別)、警察は物件事故報告書を作成するのみ …