賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

交通事故の発生状況データ

警察庁は、毎年交通事故の発生状況について公表をしており、ここでは平成26年の状況について説明しています。

・交通事故の発生件数:573,842件(前年比-55,179件)

前年よりも5万件以上減っているのに、57万件以上の事故が発生しています。1年は365日=8760時間=525,600分なので、1分に1回以上事故が起きている計算です。事故届が出されておらず、警察が把握していない軽微な事故を含めると、まだまだ多いでしょう。

・死亡事故の発生件数:4,013件(前年比-265件)

交通事故の143件に1件は死亡事故です。時間的には130分に1回の割合で起きているとも言えるので、1日に約11件起きている計算です。

・死亡事故での死者数:4,113人(前年比-260人)

警察庁で言うところの死者数とは、事故から24時間以内に亡くなった人の数で、1日に平均11.27人、2時間8分に1人亡くなっています。平成8年に1万人を切ってから、年々減っている(平成12年だけ僅かに増加)状況です。

・交通事故の負傷者数:711,374人(前年比-70,120人)

多いと見るか少ないと見るか判断は分かれますが、交通安全基本計画(第9次)の目標値が平成27年で70万人以下なので、前年比通りの減少なら、平成26年の実績は計画内とも言えます。

■死亡事故は減少している

平成17年から平成26年の10年では、6,927人から4,113人と2,800人以上減っていますが、近年は減少幅が小さくなっていて緩やかになっています。また、死傷者数に対する死者数の致死率は、平成25年、平成26年と2年連続増加しました。

死者数 致死率
平成17年 6,927人 0.60
平成18年 6,403人 0.58
平成19年 5,782人 0.56
平成20年 5,197人 0.55
平成21年 4,968人 0.54
平成22年 4,922人 0.55
平成23年 4,663人 0.54
平成24年 4,411人 0.53
平成25年 4,373人 0.56
平成26年 4,113人 0.57

 

死者数の減少幅が小さくなった理由として、警察庁は次のように分析しています。

1.高齢者が増えたことによる影響

事故による致死率が、他の年齢層よりも6倍高い高齢者は、その人口が増えると全体の致死率が上がり、死者数が減らなくなってきます。平成24年以降は、高齢者と高齢者以外の死者数が逆転し、高齢者の死者数の方が高齢者以外を上回っています。

2.シートベルトやエアバッグなどの影響

エアバッグは平成17年の時点で約100%搭載、ABS搭載車は平成24年には約98%と、標準とも言える状況になり、シートベルトの装着率が約94%で横ばいであることから、車両側の装備で死者数が減る時代は終わったようです。

3.飲酒運転事故の減少率低下

危険で死者が出やすい飲酒運転は、法整備の効果もあって年々減少していますが、徐々に減少しにくくなっており、下げ止まった感があります。その影響で、死者数も減らなくなってきていると考えられます。

■交通事故による死者の特徴

1.高齢者の比率が過去最高

死者数全体の中で、65歳以上の高齢者が占める割合は53.3%と非常に高く、70歳以上で43.8%、75歳以上で33.9%と、高齢化社会を色濃く表しています。

2.歩行中の死者が最も多い

平成20年までは、自動車乗車中の死者数が多かったのに対して、平成20年から歩行中の死者数が最多になっています。確かにニュース等でも高齢の歩行者の死亡事故は良く耳にするので、対応が急がれる状況は間違いありません。

3.夜間の歩行中死者は昼間の2倍以上

乗車中の死者は昼間の方が多いのに対し、歩行中の死者は夜間の方が多いとデータに現れました。そして、昼間の59.4%、夜間の47.2%が高齢者の死者です。生活上、夜間に高齢者が出歩くことは少ないので、それだけでもいかに高齢者の死者が多いのか良くわかります。

■交通事故と運転状況

交通事故の原因となる運転状況として、真っ先に考えられるのはスピード違反でしょうか。スピードが上がるほど、危険な状態になって事故を起こしやすくなるのは当然です。しかし、交通事故で最も多い運転の状況は、漫然運転と呼ばれる不注意によるものです。

漫然運転とは、例えば考えごとをしていて、前を向いているのに注意力を失っている、ぼんやりと惰性のように運転している状態で、誰でも経験があるのかもしれません。前を向いているのに事故を起こすのですから、極めて危険な状態でしょう。

次に多いのがわき見運転、その次が運転操作不適(操作誤り)です。意外に思われるかもしれませんが、スピード違反で事故に繋がるケースは全体の中では多くはないのです。ただし、どのような運転状況で事故を起こすのかは、年齢層によっても異なります。

若年層では、漫然運転とスピード違反の割合が高くなり、高齢者では運転操作不適の割合が最も高くなります。若者がスピードを出しすぎるのは、今も昔も変わりません。逆に高齢者がスピード違反で事故を起こすのは、かなり少ない割合です。

それでも、事故の多くを占める高齢者の事故原因が、操作誤りであることは見逃せないでしょう。運転技術的な要因での事故だけに、免許制度も含めて検討の余地を残します。

 - その他

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
検察による処分

主に人身事故では、警察から検察へと事件が送られ、検察の判断で起訴するか起訴しない …

no image
交通事故と民事調停

加害者(または加害者の保険会社)と被害者の示談ができなかった場合、すぐに訴えを提 …

no image
事故車でも買い取りは可能?

大きな事故を起こしてしまうと、修理代金が高くなりすぎることから、廃車にしてしまう …

no image
好意同乗と損害賠償

自動車は、日常的な人の運送に利用されるため、運転者以外に同乗者がいることは当たり …

no image
車両保険と偶然の事故の立証

保険金の支払いは、契約者の任意請求によってされるのではなく、保険会社が支払いを妥 …

no image
保険会社との示談や裁判

自動車保険には示談交渉サービスが付いており、交通事故の加害者は、被害者と直接示談 …

no image
過失割合と実況見分調書

交通事故の賠償では、必ずと言って良いほど、過失割合についての争いがあります。過失 …

no image
交通事故紛争処理センターの利用

名称でもわかるように、交通事故紛争処理センターは交通事故の紛争を解決するための機 …

no image
ゴールド免許と割引の関係

自動車保険にはゴールド免許割引があり、保険料節約のためには、家族の中でゴールド免 …

no image
車速と停止距離の関係

交通事故では、事故の損害が当事者の命運を分け、速度が大きいほど損害が大きくなるの …