賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

交通事故紛争処理センターの利用

名称でもわかるように、交通事故紛争処理センターは交通事故の紛争を解決するための機関で、裁判所手続きではなく公益法人として交通事故の紛争に対応しています。交通事故で争いがある場合、示談が決裂してしまいますが、次に行う裁判所手続きには、調停と裁判があります。

調停:当事者の間に裁判所(調停委員)が介在し、話し合いを進める

裁判:裁判官が陳述と証拠を基に判決を下す

交通事故紛争処理センターは、当然ながら、裁判のように法的な効力を持つ判決を出せるはずもありません。したがって、和解の斡旋を基本としており、裁判所外の調停と似たような性質を持ちます。

■交通事故紛争処理センターの対象外

交通事故紛争処理センターでは、全ての交通事故に関する紛争を扱うのではなく、対象外とされるケースもあります。

・自動車が含まれない自転車と歩行者、自転車と自転車の交通事故

・自身が契約している保険会社との紛争

・後遺障害の等級に関する紛争

また、利用の前提として、交通事故の被害者(事故で死亡していれば法定相続人)による申込みを必要とします。もう1つ、傷害の治療中や、症状が固定されていない後遺症、後遺障害等級の認定手続き中などでは、和解斡旋をしてもらえません。これは、損害賠償の金額が確定しておらず、適切な和解案を提示しようがないためです。

■交通事故紛争処理センターの特徴

交通事故紛争処理センターは、運営費が保険会社や共済協同組合連合会から出資されているので、利用しても弁護士費用などはかかりません。無料で法律相談や和解斡旋をしているだけではなく、中立的な弁護士が担当します。

ですから、加害者側と争っていても弁護士に依頼する必要はなく、交通事故紛争処理センターに相談するときは、弁護士に依頼して法的な手続きを考える前にしましょう。なお、調停中や裁判中では、利用することができない点にも注意が必要です。

平成26年4月現在で、担当してもらえる弁護士が187名、和解斡旋が不調の場合に審査する審査員(裁判官経験者を含む)が44名存在します。

 - その他

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
優者危険負担の原則って何?

交通事故では、加害者と被害者がお互いの過失に応じて賠償金を支払う(受け取る)、過 …

no image
修理後の評価損は認められにくい

自動車事故を起こして、車両に損害を受けると、修理によって回復するとしても、車両の …

no image
損害賠償請求と強制執行

強制執行というのは、国家権力によって財産を差し押さえ、債権者に対して配当すること …

no image
目撃者がいない死亡事故

刑事事件で良く言われる、「死人に口なし」という表現があるように、交通事故で被害者 …

no image
外貌醜状と後遺障害等級

外貌醜状という聞きなれない言葉ですが、これは傷によって外見が醜い状態、要するに見 …

no image
加害者が未成年の場合の刑事処分

加害者が成年の場合、人身事故を起こすと次のような流れで進んでいきます。 ①警察に …

no image
保険会社との示談や裁判

自動車保険には示談交渉サービスが付いており、交通事故の加害者は、被害者と直接示談 …

no image
加害者が未成年の場合の損害賠償

交通事故では、加害者・被害者の双方が、自分の受けた損害について相手に賠償しなくて …

no image
交通事故と弁護士報酬

交通事故の損害賠償金額は、多いときなら億の単位にまで届くので、裁判をしてでも請求 …

no image
検察による処分

主に人身事故では、警察から検察へと事件が送られ、検察の判断で起訴するか起訴しない …