賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

ドライバー保険

ドライバー保険は、自分の車を持たない人が加入する保険で、いわゆる自動車保険とは違った性質を持っています。ドライバー保険は、自動車保険のオプションの1つではなく、別の保険として存在します。

ドライバー保険が無い場合、人から借りた車で事故を起こすと、自分は保険に入っていないので、車の所有者が掛けている保険を使うしかありません。何も問題無いように思えますが、保険を使った事で等級が下がり、車の所有者は保険料の負担が増えます。もしも人身事故なら、保険だけの問題ではなく大迷惑でしょう。

このような場合に備えるためドライバー保険があり、礼儀としても他人の車を借りるときは、ドライバー保険に入るべきと考えられます。

ドライバー保険の内容

ドライバー保険は、他人の車に乗って事故を起こしたときに適用されます。他人とは配偶者や同居の家族を含まないので、家族の車を借りるときにドライバー保険に入っても意味はなく、家族の自動車保険を使っての運転になります。また、記名被保険者は運転する本人に限定され、年齢区分が21歳未満と21歳以上の2つしかないのも特徴です。

対象となる車にも制限があり、自家用乗用車(普通・小型・軽四輪)、自家用貨物車(小型・軽四輪)、自家用普通貨物車(最大積載量2トン以下)、特種用途自動車(キャンピング車)に加え、二輪自動車、原動機付自転車です。これらの車種については、レンタカーでも補償対象になります(レンタカーを除く保険もあります)。

補償される内容は、保険によって異なりますが、対人賠償責任保険、対物賠償責任保険、人身傷害補償保険(もしくは搭乗者傷害保険)、自損事故保険、無保険車傷害保険など、自動車保険と変わりません。対人や対物の賠償は無制限にできますし、他の保険も補償額を決めて加入できます(自動付帯される保険を除く)。

ドライバー保険に加入するとしたら

車の所有者が他人の車を運転するとしても、他車運転危険補償特約が付いた保険に入っていれば、ドライバー保険に入る必要はありません。もし事故を起こしても自分の自動車保険で補償されます。車の所有者が家族の場合でも、家族の加入する自動車保険に、他車運転危険補償特約が付いており、自分もその適用範囲なら、同じようにドライバー保険は不要です。

したがって、ドライバー保険に加入するとしたら、車を持っていない(自動車保険に加入していない)、または家族の自動車保険で適用にならない運転者が、他人の車を運転する機会に備える場合でしょう。ほとんど他人の車を運転する機会が無いのに、年間契約するのは無駄が多くなるため、たまたま運転することになった事情なら、1日単位で契約できる保険を利用すると便利です。

 - 任意保険の保険内容, 任意保険を選ぶ基準

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
対物賠償責任保険

対物賠償責任保険は、事故で他人の財産に損害を与えた場合の、賠償責任に備えるための …

no image
事故対応について

保険会社の評価として良く語られるのが事故対応で、1年契約の自動車保険では、対応が …

no image
型式別(車両)料率クラスとは

自動車保険の保険料は、様々な要素から決定されますが、中でも車両そのものが保有する …

no image
自損事故保険

自損事故とは、相手のいない単独事故や相手に全く過失が無い事故のことを言い、自損事 …

no image
任意保険の見積り例

モデルケースを定めて、どのくらいの保険にすれば、どのくらいの保険料になるかイメー …

no image
一括見積りを利用する

自動車保険というのは、同じような補償内容でも、保険会社で大きく価格差があるのを知 …

no image
対人賠償責任保険

対人賠償責任保険は、人体に対する損害を補償する保険として、対物賠償責任保険と並び …

no image
人身傷害補償保険

人身傷害補償保険は、被保険者(運転者やその家族)が死傷した場合に、事故の相手の有 …

no image
車両を入れ替える場合

自動車保険が車両で契約するのは言うまでも無いですが、いつか自動車は壊れますし、自 …

no image
等級制度の改定とは

自動車保険には、ノンフリート等級別料率制度(通称で等級制度)と呼ばれる、段階的な …