賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

車対車の過失相殺

車対車の自動車事故では、一方的にどちらかだけが悪いということは少なく、両方に過失があるケースがほとんどです。当事者の両方に過失があるとき、お互いの損害を、お互いの過失割合に応じた金額で賠償することになります。

便宜上、過失の大きい側を加害者とし、過失の小さい側を被害者としますが、損害額においては加害者の方が大きい場合もあるでしょう。加害者だからといって、必ずしも全額を負担するとは限らず、被害者の過失分は加害者の賠償金から減ずることができ、これを過失相殺と呼びます。

事故における過失割合は、警察が決めるのではなく、事故の状況に合わせて、保険会社と当事者の話し合いで決定されます。加害者と被害者の保険会社は、事故による損害全体の中で、過失割合に応じて保険金を支払います。

■過失相殺の考え方

過失相殺は、加害者の損害と被害者の損害の両方に対して働きます。過失割合は一般に○割または○%として表されるので、損害額に過失割合を乗じた金額が負担額です。

・加害者の負担額

加害者の損害額×加害者の過失割合+被害者の損害額×加害者の過失割合

=(加害者の損害額+被害者の損害額)×加害者の過失割合

・被害者の負担額

加害者の損害額×被害者の過失割合+被害者の損害額×被害者の過失割合

=(加害者の損害額+被害者の損害額)×被害者の過失割合

結局は、加害者も被害者も「損害総額×自分の過失割合」で負担額を求めることができます。自分の負担額で自分の損害を修復しても、負担額が余る場合は相手に支払い、自分の負担額では自分の損害を修復しきれなければ、差額は相手から受け取ります。

■過失相殺の計算例

例えば、車同士の事故で、加害者の車両を修理するのに50万円、被害者の車両を修理するのに50万円掛かるとしましょう。

修理金額の合計額は100万円なので、加害者が10割の過失なら、加害者は自分の車の修理費50万円だけではなく、被害者の車の修理費50万円を負担しなくてはなりません。しかし、加害者の過失割合が7割、被害者の過失割合が3割なら話が違ってきます。

加害者の過失割合が7割なら、加害者の負担は100万円の7割で70万円、被害者の負担は3割で30万円となります。ところが、加害者の車の修理費は50万円なので、20万円余りますから、20万円が被害者の車の修理費として、被害者に支払われます。一方の被害者は、自分の負担30万円に、加害者からの20万円を加え、50万円として車を修理します。

加害者の過失 被害者の過失 加害者の負担 被害者の負担 加害者→被害者
10割 0割 100万円 0円 50万円
7割 3割 70万円 30万円 20万円

 

もう1つの例として、加害者の損害が200万円、被害者の損害が10万円だとします。加害者が新車で、被害者が年式の古い車だとこういうことが起こります。

加害者が9割、被害者が1割の過失だとすると、それぞれの負担額は次のように計算されます。

加害者の負担額=(200万円+10万円)×90%=189万円

被害者の負担額=(200万円+10万円)×10%=21万円

被害者の損害は10万円なので、この例では被害者が加害者に対して差額の11万円を支払います。このように、過失の割合と損害額によっては、被害者でも負担が発生します。

加害者の過失 被害者の過失 加害者の負担 被害者の負担 被害者→加害者
9割 1割 189万円 21万円 11万円
6割 4割 126万円 84万円 74万円

 

 - 交通事故への対応, 物損事故と損害賠償

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
逸失利益とライプニッツ係数

逸失利益の算出では、ライプニッツ係数という独特の数値を使います。ライプニッツ係数 …

no image
物損事故と人身事故の違い

物損事故(警察では物件事故)は物に対して、人身事故は人に対してという簡単な違いは …

no image
後遺障害等級認定の異議申立て

人身事故で後遺症が残って、後遺障害等級の認定をしても、必ず等級認定がされるとは限 …

no image
後遺障害と症状固定

治療による回復は万能ではなく、どのようにしても事故以前の状態まで回復できないこと …

no image
休業損害の考え方

人身事故での傷害の程度が重く、入院などで働けなくなった期間は、休業損害として損害 …

no image
他人の車での交通事故

自分も含めた家族が、他人の車で交通事故を起こした場合、他人の車の自動車保険を使う …

no image
死亡までの損害賠償

事故当時は存命でも、事故後での傷害が致命傷となって、亡くなってしまう例は少なくあ …

no image
交通事故と行政処分

交通事故が、交通違反を同時に起こしていることは非常に多く、刑罰(刑事上の責任)、 …

no image
逸失利益と就労可能年数

人身事故での逸失利益を計算するには、被害者が死傷していなかったして、どのくらいの …

no image
逸失利益と基礎収入

人身事故では、被害者が死傷しなかったと仮定して、得られたはずの利益(逸失利益)が …