賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

物損事故と人身事故の違い

物損事故(警察では物件事故)は物に対して、人身事故は人に対してという簡単な違いはともかく、保険という点においては物損事故と人身事故は大きく異なります。人身事故の場合には、強制保険となる自賠責保険と、任意保険の両方で支払われ、自賠責保険の限度額内までは自賠責保険で、不足する分を任意保険で補うのに対し、物損事故に自賠責保険は適用できません。

したがって、任意保険に加入していないと、物損事故は加害者なら自費で賠償、被害者なら相手の自費で賠償を受けなくてはならず、時に大きな問題を起こします。被害者が損害賠償請求をしたくても、相手に資力がなければ、いつまでも賠償されないことになるからです。「無い袖は振れない」という言葉がありますが、どうやっても支払えない相手から、賠償金を受け取るのは現実的に不可能です。

また、自動車損害賠償保障法には運行供用者責任という考え方があり、人身事故であれば、運転者だけではなく、車両を保有・管理している人に対しても、損害賠償責任を問うことができます。物損事故では、この点でも任意保険未加入の場合は賠償が難しくなります。

■物損事故の対象になる保険

任意保険で物損事故を対象としているのは、対物賠償責任保険と車両保険の2つです。対物賠償責任保険は外すことができない基本の保険、車両保険は必要であれば加入者が選択する保険です。それぞれの保険は適用対象が異なり、保険金額も全く異なります。

保険の種類 補償の対象 保険金額
対物賠償責任保険 他人の財物に対する損害 100万円程度~無制限
車両保険 自分の車両に対する損害 車両の時価が限度

 

対物賠償責任保険の保険金額は意見が分かれるところで、最低金額ではまともな補償ができず論外で、最低でも3,000万円程度は必要でしょう。1億円という設定なら、いっそのこと無制限にしてもそれほど保険料は変わりません。過去に億を超える賠償になった事故が無いわけではないので、可能なら無制限と考えておくべきです。

■物損事故では慰謝料が無い

基本的な考え方として、物損事故の場合には慰謝料が発生せず、主に物損を賠償する責任だけを追うのが通常です。一律に慰謝料が無いとしているのではなく、精神的苦痛を伴っていると裁判所が認めれば、慰謝料は認められます。ただし、事例は極めて限定的で、ぶつけられて腹が立ったから慰謝料請求というものではありません。

具体的な事例としてあるのが、ペットが死傷した交通事故で、飼い主の心痛を考慮して慰謝料を認めたケースです。法律上はペットを物として扱いますが、代えることができないペットの存在は対価で賠償できるものではなく、精神的苦痛を伴っていると判断して慰謝料が認められました。それでも数万円から数十万円(後遺障害)であることを考えると、やはり賠償問題上のペットを、物以上の扱いとするのは難しいようです。

もっとも、ペットに限らずどんな物損事故においても、加害者の誠意として、損害賠償以外に自費でいくらか包むということはあるでしょう。そのような慰謝料に相当する意味を持つ当事者間のやり取りではなく、損害賠償請求として公に争うのは難しいということです。

 - 交通事故への対応, 物損事故と損害賠償

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
警察が行う実況見分

人身事故でも物損事故でも、警察は現場に来て(車両同士の軽微な事故なら当事者が出向 …

no image
加害者が死亡しているとき

死亡事故では被害者だけではなく、加害者が死亡することもあり、双方の死亡とどちらか …

no image
後遺障害等級の認定

後遺障害は個別の事例で症状が異なり、一定の基準で判断するべきではありません。しか …

no image
逸失利益とライプニッツ係数

逸失利益の算出では、ライプニッツ係数という独特の数値を使います。ライプニッツ係数 …

no image
交通事故と3つの法的責任

交通事故を起こすと、次の3つの法的責任を問われ、それぞれは処分もしくは賠償するこ …

no image
逸失利益と基礎収入

人身事故では、被害者が死傷しなかったと仮定して、得られたはずの利益(逸失利益)が …

no image
保険会社へ連絡しない場合

交通事故を起こして保険会社に連絡しなければ、保険金を使って損害を賠償することがで …

no image
後遺障害では労働能力喪失がある

人身事故によって傷害を受けると、被害者は治療によって回復に努め、治療に要する費用 …

no image
傷害事故の損害賠償内訳

人身事故によって傷害を受けると、加害者に損倍賠償請求することが可能です。損害賠償 …

no image
死亡までの損害賠償

事故当時は存命でも、事故後での傷害が致命傷となって、亡くなってしまう例は少なくあ …