賢く節約!くるまの保険

自動車保険に興味を持った人のための情報サイト

*

1等級ダウン事故の導入

等級の上下と事故には密接な関係があり、基本的な等級の動きは、事故が無ければ上がり、事故があれば下がる仕組みです。しかしながら、全ての事故で等級が下がるのではなく、事故の内容によって下がる等級数が違っています。

2012年10月以前の自動車保険では、等級据え置き事故という扱いの事故が存在しました。事故を起こしても翌年の等級が下がらず、保険料が上がらないので、契約者にとっては、非常に保険を使いやすいものでした。

・等級ダウン事故:保険を使うと保険料が上がる
・等級据え置き事故:保険を使っても保険料が上がらない
・ノーカウント事故:事故として扱われないので保険料が上がらない

この区分けでは、等級ダウン事故を起こさなければ、保険を使っても等級が下がらず、毎年保険料が安くなっていきます。保険会社としては、保険を使われる(保険金を支払う)分だけ損失が大きくなるので、経営を悪化させる原因になります。

等級据え置き事故の廃止と影響

2012年10月から、大手損保会社を中心に等級据え置き事故は廃止され、代わりに導入されたのが1等級ダウン事故です。等級据え置きで損失になっていた事故を、1等級ダウンさせることで保険料収入を上げるものですが、利用者視点では単に1等級ダウンするにとどまらず、非常に影響が大きい結果となりました。

1等級ダウン事故の導入は、事故の有無によって等級の割引率を変える、事故あり等級制度の導入と関係しています。1等級ダウン事故で保険を使うと、翌年度から1等級下がって、1年間は事故ありとした割引率が適用されます。

事故ありの割引率は、事故なしに比べると大きく異なり、事故ありでは割引率が10%~22%抑えられています。つまり、事故前に比べると1等級ダウンによる割増しに加え、事故ありの割引率で、大きく保険料が上がるという結果を招きます。

1等級ダウン事故は使用するべき?

1等級ダウン事故は、それまで等級据え置きとされていたほどなので、損害が小さくて運転者の過失が無い偶発的な事故に限られています。対象になるのは主に車両保険ですが、1等級ダウン事故に該当したときは、損害額と保険料を良く精査しなくてはなりません。

1等級ダウン事故で、事故あり等級が適用されるのは1年間ですが、あまりにも保険料が高くなる場合には、保険を使わない方がトータルで得になる場合があります。また、事故が無ければ1等級上がっていたのに、事故で保険を使うと1等級下がって2等級の差が付きます。

自己負担の方が安い場合はもちろん、自己負担の方が少しくらい高い程度なら、等級が遅れる影響も考えると、自己負担の方が得でしょう。1等級ダウン事故といっても、損害が大きければ、保険を使わないと保険の意味が無いのは言うまでもありません。

 - 等級制度, 自動車保険の保険料

最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




最も特典が魅力的な代理店で契約することをオススメします↓




  関連記事

no image
弁護士費用特約

その名の通り、弁護士費用を補償してくれる特約なのですが、弁護士が必要になる場合と …

no image
子供追加特約

自動車免許には年齢条件があり、車を運転する同居の家族で最も若い人に合わせます。普 …

658f620dc26982d288484e7023f23057_s
保険料と記名被保険者

自動車保険の補償の中心となり、保険料算出の基礎になるのが、記名被保険者と呼ばれる …

no image
継続割引と早期契約割引

企業競争はどの業界にもあり、自動車保険会社でも自社の顧客の契約を継続させようとし …

no image
全損時諸費用特約

全損時諸費用特約というのは、車両保険に付けられる特約で、自分の車両が全損状態のと …

no image
割引の種類

自動車保険には、実に多くの割引制度があり、保険会社各社に共通の割引もあれば、保険 …

2bdc3f03ac1ced79cb95fb9530a366ec_s
等級制度の仕組み

自動車保険の等級制度は、事故を起こさない人には保険料を安く、事故を起こす人には保 …

no image
保険証券なし割引

通販型(ダイレクト型)の自動車保険で多くみられ、保険証券を発行せずに郵送してもら …

2f3bdb5845be8cc6611e96568edd7534_s
消費税と保険料

1989年に3%から始まった消費税。5%、8%と上がり、10%になっても上げ続け …

no image
対物超過修理費用特約

対物超過修理費用特約は、対物賠償責任保険の対象の中でも、相手の車両への損害に対す …